À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂上決戦第1戦・千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークス@ヤフーBBドーム

久保サーフ被弾、絶望的点差からの奇跡の逆転劇。

初芝神降臨…も突如降臨した鷹・大道神の同点劇。

そして訪れた、悪夢の9回裏、サヨナラ再逆転劇。
鴎7-8x鷹

勝 フェリシアーノ3勝1敗
敗 藤田宗一1勝3敗

本塁打: サブロー12号ソロ(6回)
ホークス先発・和田毅にマリーンズ打線は毎回ランナーを出すも、和田の適度な荒れ球にチャンスを拡大できず、4回まで無得点。
一方のマリーンズ先発・久保康友も2回に2連打で1失点ながらも、5回までその1失点に抑えきり、何とかゲームを作る。
勝負の分かれ目、それは5回表だったと思うんですよ、実は。

先頭の今江、大塚の連打で無死1・2塁としながら、肝心なところで西岡・堀というポイントゲッターが立て続けに遊飛・一邪飛と倒れてしまい、福浦もヨレヨレの左飛でむざむざアップアップだった和田を助けてしまった。

今日の打線全体にいえるのだが、和田がアップアップでボールが先行しているのにどうしてこちらから大振りしてカウントを良くしてやる必要があるのか?
得点圏に走者が来た途端に突然一発狙いの粗い打撃になってしまうのか?
この5回に加点しておけば、この後起こった悲劇は食い止められた筈である…が今更悔いても仕方がないか。
とにかく格上相手に一発攻勢はハナから無理だ。
今日の敗戦の原因はこれだと思う。

話を戻す。

迎えた6回表、サブローの一発で同点に戻すが、その裏、ダイエーは勝利への執念を全開で、マリーンズのお株を奪う波状攻撃に出る。
それ以前に6回の久保はコントロールが甘く、しかも相手は小手先の投球術ではびくともしない猛者だった事がこの回の猛攻の全てだったと思う。
先頭の川崎が右越二塁打、バティスタが右前安打で無死1・3塁とすると松中の中越適時二塁打で勝ち越しに成功、尚も無死2・3塁とし、ズレータ・城島に連続犠飛で4失点。

ここで勝負に執着するなら、久保をこの回投了時に換えるべきだった。
タラレバの話ばかりで申し訳ないのだが、大一番はミスした方が負ける。

鉄則から考えても、勝ちに行くなら勝負は早く行くべきだった。
7回裏、先頭のカブレラに中前安打を許した久保はここで降板、投手交替→セラフィニ。
山崎健の離脱・高木の降格がここに来て仇になったか。

康介を昇格させ、晋吾を後ろに回しながら、前回120球超投げ完投したサーフを何故廻す必要があったのか?左が続き、牽制が上手いから、とか理由があるんだろうが…。
サーフは流れを止められず、本間の犠打、大村3ゴで2死2塁まで行きながら、川崎に右中間突破適時3塁打で1失点、更にボビーは投手交替→小野晋吾とするもバティスタに左前適時打を浴び1-6。
絶望的な点差となってしまった…|||●TZ

つーか、ランナー置いてから小野は投入したらイカンでしょう?昨年それで何度も痛い目にあってるのに…。
しかし今日のマリーンズ打線は違った。
8回表、1死から福浦、サブローの連続左前安打で1死1・2塁とすると、初芝神が止めたバットに萎縮した和田の投じたボールは右前にポテンと落ちる、イチローですらひれ伏す技ありの右前安打で1死満塁とする。
ここから里崎の左中間突破二点適時打で3-6とし和田をKO、投手交替→三瀬。
向こうからチャンスくれたぞ、おい?

しかし李が無為無策で空振り三振。2死となり攻撃もここまでか、と思われたが、今江が右前適時打で4-6、ここで代打:大塚→フランコ。
まさかこの交替がその裏の同点劇を呼ぶとは…。
フランコ四球で満塁とし、続く西岡が押し出し死球でついに1点差!

そして奇跡の逆転劇が起こった。

堀:右前二点適時打

ついに出た幸一得意の流し打ちで逆転に成功、堀は三塁走者のフォローで1・2塁間憤死。
ここで8・9回の悪夢へ繋がる魔の守備交替が始まる。

二塁:西岡
右翼:フランコ

投手は8回裏から薮田が登板。
1死から城島右前安打、宮地右前安打で1死1・3塁。

ここで鷹さんが超ド級の隠し球を出してきた。
代打・大道→右前適時打で同点。
右翼がフランコでなければ…|||●TZ

そして9回表、フェリシアーノに2死1・2塁としながらまたしても李が空振り三振。
要所要所で打つ、の「要所」はここなんだっての!
こんなきまぐれな大砲さんとは、お付き合いできまへんで。
そこで迎えた魔の9回裏。
前の回から続投の藤田がこの日絶好調の川崎にまたしても右中間突破の3塁打を放つ…が、なんだ、この守備体系はよ?これで抜けるか、普通よぉ???

続バティスタを捕邪飛に仕留めながら、続く松中の当りはハイバウンドな打球。これを何故か西岡が突進し、福浦がもたつく中、3塁走者・川崎がホームインでサヨナラ負け。
西岡、状況判断しろよ?猪突猛進も時によりけりですぜ?

勝てば後世に語り継がれる伝説の一戦と呼ばれただろう。
しかし、負ければ「ただの敗戦」である。
この負けはただの1敗以上の重みで、マリーンズに最後まで降りかかるだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。