À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北楽天イーグルス対千葉ロッテマリーンズ

闘志無き者は去れ!
格下相手の大勝で気を抜いた者は去れ!
一場の執念に負け、猫さんの執念も無駄にした大敗。

鴎1-8鷲

勝 一場靖弘2勝9敗1S
敗 久保康友10勝3敗

本塁打:井上純代打2号ソロ(8回)

マリン最終戦での大敗から一夜明けた昨日は黒木登板と2ケタ得点で大勝した訳だが、ここで妙な「大団円」的な気持ちが無かったか?
初回の攻防を見た瞬間に心の中で不安警報が鳴り響いたのだが、不安は現実となってあっさりと襲い掛かってきた。
イーグルス先発・一場靖弘は今季最終登板と言う事もあって絶好調の出来。フルスタ恒例の水増し球速(あれで151km/hたぁチャンチャラおかしい)を考慮しても球のノビ・キレが今季ベストの出来と言ってもいいのでは?
1回の表、2死無走者の場面で外角外目ストレートに手が出てしまい軽く三振を取られた福浦の顔を見て、昨日の大勝で、またいつものように6回位には打ち崩せるだろう…と額に書いてあったように見えたのだが…気のせいか?

一場のアウト取得内容(李の走塁死1、堀の併殺走塁死2を除く)
内野ゴロ10内野フライ2外野フライ8三振4
それなりに野手の正面を付くライナー性の打球が多かったのは事実である。

しかし、そこに勝利への執念が全く感じられない。
勢いで勝つのはやめろ、私は口を酸っぱくして敗戦の度言い続けてきた。
そうと言いつつもその勢いでしか勝てないので仕方ないだが、勢いが失速する時のダメージが大きく浮沈が激しい、と言う事はこれから続く短期決戦では下手をすると致命傷になる訳であり、最下位相手にこの時期にこの敗戦では弁護の仕様が無い。

鷹さんみたいに取れるものは満遍なく叩き潰してでも勝ちに行く姿勢、猫さんみたいに絶対にあきらめない姿勢、そういう「勝利への執念」が交流戦優勝以降欠けたままできたツケがこれである。
今江が出られない、なら青野君なり塀内君を上げて場数を踏ませるのも良いだろう。楽天相手なら通用する筈である。
なぜそこで渡辺正人なのか、そこを知りたい。

一方のマリーンズ先発・久保康友は変化球は切れているものの真ん中にコントロールが集中し、ストレートのコントロールが一定しない不安定な立ち上がり。
解説の波留の旦那は何を見ているのだろうか?
喋りは達者になったが、こと投球に関しての解説は的を外してまくっている。何でも喋ればいいというものではない。
変化球が甘い事に早くも気付いた老獪楽天オヂサン打線は久保に襲い掛かり3回で3失点。
4回の高須の適時二塁打で4失点目を喫し早々と神田にスイッチしたが、相変わらずの「野手のリズムを崩すフラフラ投球」、小野が一失策で1失点、薮田が連打炎上の末に「守備緩め」パスクチの落球で3失点…。

清水直行の登板の際は狂ったように引っ張り続け試合を序盤で崩壊させ、今日の場合は早々に諦めて神田ですか…。
またボビーが煮詰まった時に発生する「壊れた信号的継投」発動ですがな。井上さんにしても園川さんにしろ西村ヘッドにしろ「試合の流れ」を的確にボビーに伝えないと。
今日のようななし崩し的な継投もいかがなものか…?

今日の感想。

闘志無き者は去れ!そんな淡白さでプレーオフに望むとは鷹さんや猫さん、恐らく出れない(であろう)檻さん、公さんの選手やファンもに失礼ではないか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。