À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季最終戦・ハムさん対カモメさん@札幌ドーム

まるで浦和の試合をプレイバックするかのような、
初回で点が入ったままの投手戦で再び延長戦へ。
痛恨の一発で今季最終戦、相手に華を添える。

鴎1-3×公

勝 武田久2勝2S
敗 藤田宗一1勝4敗

最終戦くらいちゃんと書かないと、最終戦くらい実況きっちり参加しないと、とか思いながら、試合の殆どを浦和レポの作成に費やしてしまったこの試合、細部まではできませんがおさらいしますか。
浦和の祝勝会まで見てたら大幅に遅れ、帰ってみれば既に4回表攻撃中、撮影した300枚強の画像を選んで加工して貼り付けて今日の二軍戦レポを書いているうちにいつの間にか延長11回になっているわ、見た途端に薮田神が田中賢介に一発喰らってサヨナラのデッドエンド迎えるわ、何じゃこりゃ?この試合は?

渡辺俊介は前回登板とさほど変わらぬ出来(いい意味で、ですよ)であったが、唯一小笠原への1球が悔やまれる形。
2番手・サーフも1四球ながら結果的にはパーフェクトに9人で抑える好投…で、POはサーフ、リリーフに廻るんですかね?
3番手・藤田宗一は回を跨がせる必要があったのだろうか?
結果的に見ると相手が左云々関係なく、素直に11回アタマから薮田なり晋吾なりの投入でよかったのでは?
4番手・薮田安彦はメンタル云々より当番過多から来る「自爆スイッチ系失投」がここに来て増発したのが表面化した形。

ほんの少ししかない休日を利用してきっちり調整を図ってもらいたいと思う。
あと浦和も優勝した事だし、二軍戦ではまだ鎌ケ谷での2連戦、西武第二・ジャイアンツ球場の1試合とまだ試合が残っているので、投げてない投手・見極めの付かない野手の調整には持って来い…なのだが…そこまでやってくれるかな…???

打撃陣に関してはここに来て堀・大塚の調子が完全に底に入っている。福浦・サブロー云々よりこの二人のポイントゲッターが機能するからマリーンズ打線は怖さがあったのだが、ここに来ての失速はつらい。
更に外人勢も、交流戦以降ついに本調子に戻らなかった李承・フランコ、今日の二軍戦でも復調気配の見られないベニー、守備が不安すぎるのを我慢するか時折出る大当たりに掛けるか、モロ賭けに等しいパスクチと微妙な布陣が続く。

猫→鷹→虎、とハードルが高過ぎなので、何とかこの週末で勢いを取り戻してほしいものだが、最終戦をあまりいい形で迎えられなかったのは非常に残念であった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。