À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別球人:第6回・長崎伸一選手

もう明日がプレーオフ緒戦&ファーム日本選手権、今日はマリンで決起集会だというのに、未だ我が身は熱が下がらず、多分このまま自宅観戦なのかな…、と一人ため息を付く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
第6回を迎えた惜別球人、本来なら完全オフのタイミングでやらねばならん企画なんですが、下書きのまま保存したままだと一生忘れそうなので、書き上げた順にとっととリリースしてます。
ファーム日本選手権に戦力外の選手が流石に出場しない事もありますし、今日中に残りを書いてしまわないと何かスッキリしないので、やっちまいますね。
今回は甲子園の優勝投手、しかも社会人での高評価にもかかわらず上で炎上を繰り返して今季戦力外となった、長崎伸一選手の足跡を追う事にします。
少年野球時代にはジャイアンツカップに出場する等、早い頃から活躍していたようであるが、さほど上背もない体型から繰り出すMAX143km/hの速球で、2番手投手ながら天理高校を甲子園優勝へ導いた右腕、これが長崎伸一の全国区デビューである。
そこから社会人・プリンスホテルに入団しているが、長崎-大沼(猫)-伊達(虎→公→兎)とリレーしながらの系統も実らず、都市対抗では地区予選準決勝敗退・復活戦敗退ながら、補強選手として99年JR東日本、2000年鷺宮製作所の一員として出場。
99年には全日本代表候補選手のプロ派遣選手として日本ハムへ行ったことも。
同年、プリンスホテル野球部の休部が決定し、一部マニア層からの速球と強気な投球に高い評価を受けながら、2000年ドラフト3位でマリーンズに入団。
入団前の評価を受けて即戦力として登板したはずだったが…?
イースタンリーグ2001年度公式記録・長崎伸一
最多敗戦・8敗(1勝)
失点3位・53失点
被安打6位・87本
先発でもないのに勝ち頭の武藤潤一郎に匹敵する失点…。
このシーズン、浦和ではクベンカと長崎に背番号17を奪われた武藤潤一郎が先発ローテで被弾しまくり、清水直行も下でぱっとせず、渡辺俊介も下なら通用する、という先発陣に後藤利幸・寺本四郎・加藤康介・小林宏之・戸部浩・薮田安彦が押しなべてぱっとしないか炎上するか…という感じで勝率.396、首位と27.5ゲーム差、リーグワースト防御率4・55とグダグダな一年であったが、今季限りで打者転向した寺本四郎と双璧な出来の悪さであった。

そうこうしているうちに、腕は段々スリークオーター気味に下がり、腰の回転ではなく腕の振りだけで投げるフォームに劣化してしまい、140km/h以上を誇っていた速球や持ち味の多彩な変化球が全て平板なものとなってしまい、「何で年々劣化してくの?」と思う方も多かったのではないか。

今だから打ち明けるが、浦和ブルペンでは、福沢さんから「もっと腰使って投げろよ」と再三言われていたが、長崎は「いや、曲がらんもんで」と弁解していた。要は「手投げになってる」事がモロばれだった訳である。
少年時代からの体の酷使と、腰近辺のストレッチ系のケアが不充分だったために尻・腰から背中の右半身の筋肉が固まっていた事に気が付いてなかったんじゃないか、と私は推測する。
実は私も手投げ気味で、ある時接骨院で「あなた右半身の筋肉が固まって劣化してますよ?…これじゃ腰も廻らんでしょ?」と言われ面食らった事がある。
確かに体のケアなんざ殆どしてこなかったのだが、確かに腰痛体操をやってみると良く分かる。
仰向けにまっすぐ寝て、右足の膝を立て、左手を添えて左足の向こう側まで曲げて見てもらいたい。
その後、左足で同じ事を正反対にやってもらいたい。
右利きの人でスポーツやっている人は左右で腰からお尻の当りの突っ張り方が全然違う事に気が付くだろう。
これが無意識に崩れている「体の左右のバランス」である。
(左右変わらない人はよほど体のケアをしているかバランスのいい人なんだろう)
私の場合、投げる時に昔の感覚のままのフォームで投げていても腰が廻らないから、無意識に腕の振りで球速を出そうとして、余計に右肩と腰に負担が掛かったのだろうと言われたが、多分、同じ事が長崎にも言えるのではないか?と私は思っている。
ま、素人判断はいいとして、右の試合終盤、ロングリリーフにも耐えられる中継ぎとして戸部と共に長崎は再三期待されながらも、御覧の通り上で大炎上を犯してしまい浦和降格、のパターン。
2003年にはセーブのタイトルを取りながら長続きせず、2004年には田中良平、内竜也にその座をあっさりと奪われ、今季もいい試合と悪い試合の落差がはっきりとしたまま今季の戦力外となった。

やはりプロで通用する投手は上背が全てなのだろうか?
私はそうではないと思う。
球速が別に140km/hを越えていなくても、絶対的なコントロールと目先を買わせる変化球の組み立てと物怖じしないマウンド度胸さえあれば最低限中継ぎとして通用する、と思っている。
(だから成瀬君や藤井君に妙な期待を掛けているのだが)
流石に一軍のローテ級になるならそれに加えて常時不変の球威や球の重さとキレが必要になるけれども、少なくとも素質的には充分揃っていた長崎には幾らでも生かせるチャンスがあったはずである。
惜しむらくは体のバランスを含めたケアが出来る投手の名伯楽が浦和にいなかった、と言う事なのか…。本人はさぞ無念であろうと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。