À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレーオフ第一ステージ・千葉ロッテマリーンズ対西武ライオンズ@千葉マリンスタジアム

先頭打者ホームランに軽打の嵐、序盤から嫌な流れ。
それを自ら断ち切る渡辺俊介、我慢の投球。
泥臭い野球で後半勝ち越した、苦しいながらの貴重な1勝。

猫1-2鴎

勝 渡辺俊介
S 小林雅英

敗 三井浩二

本塁打:栗山右越先頭打者ソロ(1回)


ファーム日本選手権とほぼ同時進行で、どちらかと言うと神戸の試合を重点的に観ていたので苦痛は少なかったが、この試合最初から通して見ていたらかなり胃の痛い試合だったはずである。
ま、こちらもおさらいしてみますか。


本筋に入る前に猫ファン・鴎ファン双方に苦言を呈する。
試合開始前、猫応援団とレフトスタンドの観客の一部がシミスポに反抗してひと悶着起こしたようだが、応援する者として恥ずかしくないのかい?…とだけ言っておく。

あと、ライトスタンド方面にも苦言だが、折角ほぼ4分の3を白で埋めたのに、普通なら絶対しない場面でブーイングするのはいかがなものか?
相手が大人気ない行動をするなら、我々はフェアプレーで応酬、これが大人の観戦態度ですよ。
先日の初芝引退メモリアルの時もそうだが、客が増えても質が下がるなら全く意味がない。
世代が変われば、半ば隠居なオイラの考えも時代遅れなのかもしれん…が、しかし見ていて情けない。

さぁ、本筋に戻りますよ。

619 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/10/08(土) 14:00:59
┏━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃野球好き.┃プレーオフ第一ステージ. ┃
┣━━┳━╋━━━┳━┳━┳━━┳┻┳━━━┳━┳━━┓
┃1表 ┃猫┃ 1-0 ┃鴎┃S.┃○○┃B..┃○○○┃O.┃○○┃
┗━━┻━┻━━━┻━┻━┻━━┻━┻━━━┻━┻━━┛
投手:渡辺俊介
打者:栗山
結果:右越え先頭打者ソロアーチ

…試合はいきなりのHRで始まった。
この球場は風の巻き込みの影響で、ハイフライな打球は失速してもライナー性の打球は風に関係なく予想以上に伸びる訳だが、栗山の放った打球はスルスルと金網の上部をかするようにスタンドイン。
ここでライトスタンドの客が何やら抗議して、ボビーも慌てて現場へ向かったが、線審付きの試合、しかもドーム球場と違いフェンスとスタンド内が明確に区別されているにもかかわらずエンタイトルヒットであるかのような抗議だか煽りをして、ボビーまで試合を中断させ確認に行かせるとは。
理由の是非を問わず、短期決戦で客が無駄に試合の流れを止めるのは観客として最低の行為ですわ。

(間合いを取らせるならこの後連打を食らって井上投手コーチがマウンドへ行った時のような事をすればいいことであって、試合の頭、マリーンズ投手陣で最も信用している投手に対して取る行動ではない。従って「確認」と書かせていただく。)
(この部分、指摘があったので少し平易に文章を直しておきました)

打たれた渡辺俊介も唖然としていたが、無意味な中断でリズムをいきなり崩された俊介は、カブレラがいない為に繋ぐしかない西武打線に2連打を浴び尚も無死1・2塁。
しかし和田を捕邪飛、フェルナンデスを二併殺に仕留め、ここを上手く切り抜ける。

渡辺俊介は7回投了まで、4回以外殆ど危なげなく最初の1失点をキープしながら降板。完全にチームの軸として一番怖い短期決戦の初戦勝利を演出してくれた。
バックも6回の遊ゴロ3連発に西岡が好プレーですっかり試合をこちらのものにしていく。

一方、ライオンズ先発・松坂大輔も風の影響でスライダーがデビュー当時位のキレで大きく高速に滑り落ち、こちらも手が出ない状況。
毎回走者を出しても上手く繋げられない、こんな状況下で奇跡が起こった。

5回に今江・橋本の連打に西岡の犠打が松坂の悪送球を誘い無死満塁。
ここで堀がバット一閃。
打った瞬間
20050921231908.jpg

な当りは高く上がりすぎ、左翼で失速。
犠飛で同点に追いついたが、10mの風はハイフライな打球にやはり、大敵だった。
松坂が踏ん張り加点できなかったが、ここで場内の空気もゲームの流れもここで一気にマリーンズペースになった。

試合は8回無死1・3塁からフランコの執念で運んだ中前適時打で勝ち越しに成功、最後は小林雅英のプチ炎上を併殺で消火するお得意の劇場を全マリーンズ人に見せつけ、まさかまさかの緒戦勝利&第一ステージリーチ獲得。

さぁ、明日はすっきり勝つどー!!!!!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。