À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形イーグルス対浦和マリーンズ@大田スタジアム

楽天の育成選手相手に手も足も出ず。
楽天の育成選手に4安打。
楽天の5失策の前に被安打25・15失点の馬鹿試合。

鴎7-15鷲
勝 藤崎紘範
敗 江口亮輔

本塁打:横川史学右越2点本塁打(手嶌)
幾ら家から近いとは言え、「人形劇・三国志」を悠然と見ていたら見事に1回表裏の攻防を見損ないましたorz
よって2回表からのお話を纏めて行きます。


①打者一巡、一挙6点獲得も自責点が0な件について。

イーグルス先発・藤崎君は決め球が無いのかしきりにファウルで粘られ、追い込んでもボールでカウントを悪くして痛打、というパターンでつるべ打ちを喰らってましたな。
しかしイーグルスのまずい守備にも再三引っ張られた(二死からの失策→連打なので自責が勿論付かない)面もあった、というのは2回以降4回に投了するまで全く点を取られていないどころか一本の安打も許していない所が証明しているのかもしれません。

【2回表の攻撃】
青松:四球 無死一塁
角中:ニゴ 一死一塁
藤井:空振 二死一塁
早坂:遊失 二死一・三塁
佐藤:右ニ②二死ニ塁
神戸:右安①二死一塁
南 :死球 二死一・二塁
金澤:一失 二死満塁
細谷:中安②二死一・二塁
青松:左安①二死一・二塁
角中:見振 チェンジ


②病み上がりの小野晋吾が登板した件。

今日の顔見世興行は小野晋吾ただ一人でした。
浦和に行くより大田のほうが余程近いような気がするのですが。
こちらも内野陣のショーも無いミスで余計な傷口を広がっていった、といった方がかえって正しいのかもしれませんね。

ロッテ・小野、先発ローテに黄信号 教育リーグで2回5失点
(ソ-ス:サンスポ
 左脇腹を痛めて調整が遅れていたロッテの小野が8日、教育リーグの楽天戦に先発し、2回で5失点(自責点1)と打ち込まれた。
 2月22日の韓国ロッテとの練習試合以来の実戦登板だった小野は「見ての通り。投げられるようになっただけ。開幕には何とか、と思っているけど、このままでは厳しい。何とか修正したい」と苦笑い。先発ローテーション入りに黄信号がともった。


それ以前にこの寒い中、2回表2アウトの時点から約20分以上投球練習をしなければならなかった事も加味しておかないといけないと思うのですが、記者さんはそういうところは書かないのですね。
ストライクがとにかく入らないので、打たせて取るのに一苦労といった感じがしましたが、病み上がりな以上はじっくりと仕上げて欲しいものですね。現状ではコメントの仕様が無い、そんな感じです。

【小野晋吾・投球内容】
1回裏
遅刻の為観戦できず。
2回表
中飛 左ニ 
三失(何でもないゴロを三塁:細谷がグラブで弾く)
左安(遊撃・早坂と左翼・佐藤がお互いに大声を上げて捕球に行くが、突然早坂が佐藤に捕球を任せた為に佐藤が対応できず左前にお見合いポテン安打) 
右安①空振 右安③ 中安(中堅・角中が本塁送球、三走は本塁憤死)


③ルーキー達、夢の競演もピリッとせず。

荻野君がちょっといいかな、と思う程度で初めて見たルーキー二人の感想は正直何もありません。
もっと競った展開ならまた何か違うものが見られたと思うのですが、2回表裏の異様に間延びしてしまった悪影響が投球にも伝染しているように見受けられてはっきりと何がいい特徴だ、とは今回言えません。

(松本広大・登板内容)
3回裏
ニゴ 右三 右ニ① 見振 中安① ニゴ

(荻野忠寛・登板内容)
4回裏
左安 左三(一走本塁タッチアウト)四球 空振 空振
(江口亮輔・登板内容)
5回裏
遊飛 中安 右三① 三振 左安① 左飛



④江口君の登板を見逃し、そして…。

マリーンズ・秋のブログ祭りの中でも一際異彩を放つ手嶌君が久々に関東で実戦登板する姿を見る事が出来ました。
正直、投げられてよかった、レベルの投球ですが、戦線に復帰しただけでもまずよし、と取るか、今頃調整も無いだろ、と取るのかは人それぞれの判断かもしれません。
球速や球威もルーキーイヤーの時に見せたあの頃とは雲泥の差ですし、試合開始当初の逆風から追い風に変わったとは言えライト方向に一発を浴びる位コントロールも無いですし、まだまだこれからと言った内容かもしれません。
ただ最後に取った空振り三振は、確かにあの時の「いい状態だった」手嶌君だった、と言うことを付け加えておきます。

(手嶌智・投球内容)
6回裏
一飛 中安 三邪飛 空振
7回裏
左邪飛 中安 投犠 左安 中安② 右ニ② 左安① 右本① 左ニ 空振


⑥この日唯一良かった田中良平。

全球ストレート、最速138km/h。
押せばハマる、それはもう判っています。
何か課題を決めて全球押したのか、新里君が意識的にそういう配球をしたのかは判りませんが、まぁ一度上でお試ししてみてもいいんじゃないか、と思うんですがね。
今日の試合で一人だけ上から見下ろして抑え込んだ、それに尽きます。

田中良平・投球内容
8回裏
中飛 ニゴ 右安 中飛


⑦予測が当たった件。

すいません、定坊三塁に入ってるんですが。
しかも遊撃に廻った細谷君共々、三遊間に抜ける辺りを誰も止められないんですけど。
更に右前に安打が飛んでも守備位置から一歩だに微動もしないどころかどこに送球するかの指示も声だしも一切ありません。
噂に聞く「アエロフロートのキャビンアテンダント」とはこんな感じなのだろうか、と思わず脳内で妄想してしまう位別の意味で「不動の三塁手」のポジションを得た定坊。

初球:ファウル
二球目:三塁線へファウル
三球目:見逃し三振

打撃でも7回表二死一・三塁の場面でボールを二回も当てファウルにする快挙を誇るも最後は老獪な吉田豊彦御大の変化球をカットする事無く見逃し三振。
今日はこれを見たくて来た、と言ったら失礼ですかそうですか。
何を意識付ければ定坊が燃えてくれるのか、彼の確変を今か今かと待っている自分がここにいます。

育成選手の中村選手に4安打される反面、これくらいの投手は打ち崩して欲しかった投手に手も足も出なかった浦和打線。
全体に声も出ていませんし元気がありませんね。
選手枠入りに向かって必死に頑張っている選手もいるのですから、その姿勢は見習って欲しいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。