À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュオールスターゲーム@サンマリンスタジアム宮崎

juniorallstar.jpg


パ4-4セ

他球団で特に印象に残ったのは、外野守備は[[赤星憲広]]級の赤松真一外野手(阪神)、サイドハンドから伸びのある直球でグイグイ押してきた高橋秀聡投手(ソフトバンク)。

今日の印象
大松尚逸(4番・ライト)

1回の表の第一打席は2死1塁から長峰昌司(中日)からカウント2-1、アウトローに落ちるドロップ気味の変化球を上手くセンター方向に合わせたが右シフトの遊撃正面、しかし遊撃がファンブルで内野安打。応援歌は横田真一w。

3回の表、2死2塁で迎えた第二打席は、野間口貴彦(巨人)からカウント2-1、真ん中高めのフォークをフルスイングで右越2ランHR。応援歌は古川真一ww。

大松談「真っ直ぐをまっていたが、変化球がうまくバットに当たった」

5回の表の第3打席は、1死1・2塁、染田賢作(湘南)からカウント2-1、真ん中高めのややボール気味の緩いスライダーをミスショットで中飛。応援歌は無く「大松ヒット!」のみ。

8回表の第4打席は、先頭打者として登場、梅津智弘(広島)からカウント2-2、アウトハイの釣り球に空振り三振。応援歌は音階のおかしなマット・フランコ。

2ランが効いて優秀選手賞を獲得。コシヒカリ50kgゲット。全体的に球宴、と言う事で思い切りのいいフルスイング中心の打撃。やはり二軍の一線級相手”なら”神打撃。梅津にタイミングが合わなかったのが惜しい。

手嶌智(1イニング2安打1三振1失点)
3回の裏に登板。

先頭の武山真吾(湘南)に1-0からスライダーが変化せず棒球となり真ん中高めへ、武山は逃さず左越ソロHR。
普久原淳一(中日)を0-1からインハイの直球を詰まらせ二ゴロでワンダウン。

赤松真人(阪神)をアウトロー中心の組み立てから上手くスライダーでかわし三振に切ってツーダウン。

続く梶本(ヤクルト)に1-1から真ん中低めの直球を中前安打。2死1塁。

亀井義行(巨人)に2-0から三振を奪う。ここでお役御免。

アウトローへのコントロールは良く決まっているが、高目へのコントロールが非常に甘い。状態は一軍KO時よりは良くなってきているけれども要所要所のコントロールの甘さを何とかしないとまだ上での登板は無理

内竜也(2イニング・2安打1四球3三振2失点)
8回の裏から登板。

先頭の藤田一也(湘南)を2-3から球がすっぽ抜け四球。無死1塁。

続く亀井を2-0と追い込むが藤田が盗塁。無死2塁とされるが、2-1からフォークで空振り三振に斬って取り1死2塁。

林威助(阪神)に2-1と追い込んでフォークで2者連続三振。2死2塁。

比嘉寿光(広島)は0-1から直球が真ん中高めに入り左前安打、2塁走者藤田がホームインで2死1塁。

田中浩康(ヤクルト)にはボールが抜け気味のまま1-3としてしまい、アウトハイ、真ん中寄りの甘い直球を左に大飛球。左翼手・鵜久森(日本ハム)のナイスプレーで何とか乗り切り、3アウトチェンジ。

9回裏も引き続き登板。

山本芳彦(広島)には1-2からど真ん中に入った直球を右前安打、無死1塁。

岡崎太一(阪神)には1-1から山本に盗塁を許し無死2塁とされ、2-2からフォークに腰を砕かれ遊ゴロ、1死2塁。

普久原(中日)には1-1からど真ん中の球を打たれるが深い右飛に抑え、2塁走者タッチアップ。2死3塁。

中村広治(中日)への初球、真ん中低めのフォークを捕手・星秀和(インボイス)が土手で弾き捕逸、ありえない失策から4-4の同点に追い付かれるが、2-2から甘い真ん中高目のスライダーを見逃し三振に取り試合終了。

>>
2ストライクまで軽く追い込んでおきながらスライダー・直球がことごとく抜けるかコントロールが甘い為に痛打されるいつもの炎上パターン。
全体にコントロールが甘く、よく2失点で済んだな、と言う印象。
球の勢いも昨年序盤の状態の6割位の出来であり、改めて復調気配とは言え、荘勝雄二軍投手コーチがいながら何やってるんだ?という感じでしたな。
<<
にほんブログ村 野球ブログへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。