À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和マリーンズ対川崎ジャイアンツ@ロッテ浦和球場

木興拓哉投手@投球練習中。

ロッテ-巨人11回戦(巨人6勝5敗、27日・ロッテ浦和)

巨人000020010-3

ロッテ000410216×-23

(巨)西村、中村、佐藤宏、平岡、条辺-星、佐藤弘(ロ)黒木、山北、浅間、木興、藤井-辻、金沢、青松

▽勝山北25試合1勝1敗1S▽敗西村13試合5勝5敗▽本塁打塀内5号(西村)6号(中村)三浦7号(黒木)中浜2号(黒木)パスクチ7号(西村)大松9号(佐藤宏)竹原15号(平岡)平下3号(平岡)於保2号(平岡)

1試合47塁打のイースタン新記録。
7本塁打のイースタンタイ記録。
大松、1イニング5打点のイースタンタイ記録。

黒木、謎の途中降板に「喝!」

雲ひとつないピーカンなサターマの夏空に、帽子を忘れたオイラはタオルでほっかむり。水分補給も万全で望んだロッテ浦和球場。対するは最近あれやこれやと話題の読売ジャイアンツ。
先発・黒木知宏は4回までカーブ・チェンジアップを軸として直球を見せ球に打たせて取るピッチング。
しかし生命線のストレートが走らない。時折変化球も抜ける場面もあり、黒木自身も納得がいかない様子で「ウォッ!」と雄たけびをあげておりましたよ。
4回までは何の危なげなく行っていた黒木が5回に暗転。
1死後、三浦に軽くレフトオーバーのソロアーチ。
斎藤宣之や後藤孝志も混じった巨人B・C混成チーム相手に気を抜いたか?と思っていたら2死後に中浜にも軽くレフトへソロアーチ、で計2失点。
ここで黒木が足を気にして突如降板。

(;゚ Д゚) …ええええええ?!

当然ブルペンは誰も投げてないわけで、軽く投球しただけで急遽登板した山北茂利も可愛そう…。
ま、1安打許しただけで次のイニングまで軽く抑えてくれましたが。

その裏、

(;゚ Д゚) …ええええええ?!

なファーム記録の攻撃が始まろうと誰が想像しえただろうか?
4回の裏に辻左中間適時二点二塁打・塀内左越二点本塁打で4点入れ、フラフラな西村が続投。
ここで、5回の裏、大松適時三塁打・パスクチ左越2点本塁打・寺本中前適時打・塀内二打席連続右越2点本塁打・大松右越満塁本塁打で一挙10得点ですってよ奥さん!
この回、巨人の継投に明らかな準備不足が見られた。
この回だけで3失点KOされた西村健太朗に替わった中村隼人が1死しか取れずに5失点KO、更に準備なぞ想像の範囲外であったであろう佐藤宏も2失点。攻撃だけで30分以上経過。

ワシ等は日干しレンガか?

更に輪を掛けたようにひどかったのは巨人5番手の平岡政樹。

ストレートがどうみても一昨日の斎藤雅樹(モルツ球団)の方が早かったし、カーブもスライダーもいわゆる「ション○ン」と言われる様なお粗末なシロモノ。
これを浦和打線が見逃すはずがなく、6回に竹原ソロ・澤井中前ポテン適時打で2点、7回に喜多左前適時打で1点、8回に平下右越ソロ本塁打・於保3ラン本塁打・塀内左前2点適時打またも一挙6得点。
マリーンズ投手陣は木興が1失点ながらも浅間、藤井と良い投球内容でした。

特に藤井君と浅間君の成長がここに来て著しいです。

春先から確実に成長していますね。
ちょっと文章が長くなりすぎたので、別の機会に黒木の件と併せて特集組みますね。
別の機会に前々から気になってた巨人二軍ファーム組織について書きます。あきれてものが言えんよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。