À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武ライオンズ対千葉マリーンズ@グッドウィルドーム

課題点満載の清水直行&松本幸大。
課題点満載の野手控え陣。
唯一の光明は黒木知宏と中郷大樹の好投、これに尽きる。

鴎2-5猫

鴎 0 0 0 1 0 1 0 0 0 | 2
猫 0 0 0 2 2 0 1 0 X | 5

勝 ジェイソン・マイケル・ジョンソン
敗 清水直行

本塁打:帳尻ーファー右越2ラン(清水直行)
さて、今日はどこから書けばいいんでしょうか。
ライトスタンドに「『サザエさん』の中島君」がでかでかと掲げられたゲーフラの話から始めましょうか。
それとも野田が打席に入る前にバットをぐるぐる廻しているのを真似て、三塁側ベンチでは西岡君と青野君が揃って高々とバットを掲げてバットをグルグルさせていた話をすればいいでしょうか。

…現実逃避はいけません。
今日はかなり厳しめに書きますよ。

①結局何をつかめたのか、清水直行の試行錯誤から?

今日は以前よりかなりホップするようになったカーブにシュート、カットにしては変化量の多いスライダーにスプリット気味のフォーク、このコンビネーションを試しながら序盤変化球中心で投球していたわけですが、

・カーブが「ただ抜いただけ」でどこに目標を定めて投げているようにはまだまだとても見えないレベル。
・フォークが高目、しかも真ん中よりにすっぽ抜ける。
・シュートも時たま真ん中に抜ける。

結局直球とスライダー、見せ球としてはっきり外れたカーブのコンビネーション…こんな感じで投球を組み立てていましたね。
ただ直球・スライダーに関しては徹底的に低目を突いていた事、特に右打者インローへの意識を重点的に考えていた事は大きな進歩です。
多分昨年のような外角と高目のコンビネーションで現役を続けていてはメジャーなんて夢のまた夢だと思いますので、彼なりに考えているのでしょう。
ただ、こうした試行錯誤の中のすっぽ抜けが序盤うまい具合に意表を突いて凡打や見送りで済んでいた事が4回以降、暗転します。
4回裏、中島・カブレラを完璧な形で連続三振を取ったのですが、ここで余りの完璧ぶりに気が抜けたのか、次の和田にいきなり0-3とし、フルカウントまで持ち直すも結局四球にしてしまいます。
ここでリーファーのカウント1-2、バッティングカウントに送った球はシュートのすっぽ抜け。これがど真ん中に決まって右二点本塁打。
5回も先頭の野田を三ゴに仕留めながら平尾に粘られ根負けして四球を出し、次の赤田を遊ゴ(ニ塁封殺のみ)で二死を取りながら、高木浩之に真ん中やや高めにフォークがすっぽ抜けたのを右中間に運ばれ、更に中島に平下のバンザイ守備を誘う左適時二塁打で更に2失点。

軌道修正する事や封印しなければならない事が数多く出てきましたね。
どんなに低目を意識しても、肝心なところで相変わらずのポカが多ければどうしようもない、とは確か楽天に行った戸部に向かって散々言ってきた事なんですが、まさか戸部の分まで(ry。

②ちょっと松本君には荷が重すぎた件。

松本君の投球フォームですが、コミさん風にメジャーチックなセットポジションの時点で既に軸足が折れ曲がっている為に軸足や腰にタメが全くないし、体軸がセットの時点から前30度位ずれているし、ただ左腕のテイクバックの反動で回旋しながら腕を強振しているだけなのでコントロールも付かない、そこに緊張から来る投げ急ぎと力みでこうなったのではないかと私は思うのですが…。

彼の場合は寧ろ全盛期の鹿取義隆(元・巨人→西武)潮崎哲也(元・西武)や清川英治(元・広島)のVTRを見せてあげた方がよいかもしれません。
あのメジャー風のセットポジションはとにかく肩に力を入れにくく、肩や上体のマッスルが余程強くないと投げこなせない、非常に日本人には難しいフォームですので、あのフォームのままどこまで軌道修正できるか、これが課題になりそうです。
今日も運悪く右打者だけの対戦となってしまいましたが、左のワンポイントで合っても変わった途端右の代打が出される事は充分ありえるシチュエーションです。
幾らフォームが変則でも、肩が強くても、一線級のプロならそれを苦もなくタイミングを合わせてくるわけで、現にGG佐藤ですら外目の直球を合わせただけでファールとは言えライト中段まで運んでしまうのです。
そこの所をよく考えてもう一度一軍戦線に殴り込みを掛けるにはどうしたらよいのか、松本君には考えて欲しいと思います。

③松沼さんに中郷君が誉められた件。

先日の浦和春季リーグ開幕戦でも触れましたが、コントロールさえしっかりすれば、組立てや配球や駆け引きを社会人でしっかり身につけているだけに中郷君は非常に面白い存在になると思います。
普通の社会人投手と大きく違うところは、直球とスライダーで押しに押すのではなく、ドロップしたカーブとスライダー、そして直球で内外の緩急を自在に操りながら全体の配球の組立てが出来る事です。
松沼さんも誉めてましたが、冗談抜きにコントロールさえパンとすれば、間違いなく旧ヤマケンポジションの空いた大きな穴を埋めるに余りある存在に中郷君がなってくれそうな、そんな予感がします。

④黒木のシュートが江藤のバットをへし折った件。

これが7年前位なら新聞の一面は間違いなくこれだったでしょう。
久々に見る黒木のあの大きなドロップカーブは見る影もありませんでしたが、カーブを見せ球にしてからインローを直球で意識的に突いて効果的にシュートを打たせ、そこに外のスライダーのコンビネーション。やっと黒木がコミさんの領域へ間違いなく足を踏み入れてくれたようです。
これはちょっと期待大ですよ。

⑤それに引き換え打撃陣の拙さよ…。

もしこれが公式戦であるならば、この試合は4回表無死一・二塁におけるサブローの二併殺で終わっていた、と書いた事でしょう。
確かに猫先発のジョンソンは、一塁塁審に指摘されるくらいのスピットボールじゃねぇか?位の勢いでグラブをはめていた左手と舌を舐めたばかりの右手で長々とボールをこねてましたな。
そこから「指を切る」スライダーではなく「指を抜いた」スライダーが妙に回転数が少ないままふわりとドロップする所を見ると、ちょっと怪しい投球に見えなくないのですが、とにかくその長身から繰り出す角度のある直球とそのわけのワカラン回転をする縦スライダーの前に手も足も出なかった、と言って良かったのでは無いでしょうか?
そこに4回、ランナーを出して一気に崩れたところに1死1・3塁からの里崎の遊ゴはエンドランで遊撃の野選を誘い、尚も1・2塁のチャンスでそのサブローの打席ですよ。
エンドランかけて併殺モードの二塁手正面のゴロ。
視界が明るくなってもボールが見えなければ話になりませんね。

更に6回表1死1塁の場面で初球の外角高目のクソボールをあっさり打ち上げ左邪飛を挙げ、8回表1死から2-0から何の工夫もなくあっさり沼者から三振を取られた平下、その直後に0-1からインハイのクソボールを打ち上げて捕邪飛に捕られた田中雅彦、第一打席は犠打を決めながら第二打席に初球をあっさり打ち上げ三飛に倒れた早川、6回表2死1塁から里崎の二塁打性の当たりでニ塁ベースを廻ったところで肉離れを起こしたワトソン、その代走から守備に入り折角廻ってきた7回の打席で見え見えのシュートをあっさり手を出し投ゴに倒れた竹原…と控え層のしょーもなさが際立った試合でしたな。
何で中継が入るとここまでおかしくなるんですかね?
更に中郷君から江藤が打ったややハイバウンドな中前ポテン安打を途中から中堅の守備に入った大塚が雑な捕球体勢から後逸して二塁打にするわ、その代走に中村『おかわり』剛也を出されるわ…舐められすぎですよ全く。

また今年も変化がありませんでした、では話にならんのですよ。

もう開幕まで2週間ですよ2週間?

控え層に緊張感と言うか必死さが全く見えてきません。
また今年も浦和でのんびりと試合するのもまた一興ですが、そんな事では困るのですよ、全く…。

生き残りに何の工夫も残せない選手には I got two words for ya,"Go Urawa ! "

とにかく何かに対して課題や目的を持って頑張っているんだ、という過程だけでも我々に見せて欲しいのですよ…。
打ちました。でも打ち損ねちゃいました、では困るんですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。