À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ@フルキャストスタジアム宮城

勝てる試合を2回にわたり追い付かれ、
限りなく敗戦に等しい引き分けに。
ヴァル・パスクチ、起爆剤足りえず。

鴎4-4鷲
鴎:ダン・セラフィニ-藤田宗一-薮田安彦-山崎健-小林雅英
鷲:紀藤真琴-有銘兼久-福盛一夫-吉田豊彦
本塁打:山崎13号ソロ(4回)
マリーンズはイーグルス先発・紀藤を攻め、初回1アウト2塁から福浦和也の二塁打・マット・フランコの2点適時打で2点を先制するが、パスクチ・李承連続三振で公開処刑の芽を摘んでしまう。
2回も2アウトから今江の中前安打、小坂の四球で1・2塁としながら堀が三振。
4回も2アウトから大塚・今江の連続安打に小坂がボテボテの一ゴロ。
山崎武司のソロで1点差とされた5回は、堀の右前安打から福浦の一ゴ&送球ミスで1アウト3塁としてフランコの適時二塁打で1点追加もパスクチ遊ゴロ、李中飛で攻めきれず。
その裏にセラフィニが踏ん張りきれず再び1点差とされた6回は有銘に手も足も出ず。
7回は藤田ワンポイントからいきなり薮田にスイッチ。

早すぎる。

7回も小坂・福浦の安打で1アウト1・3塁としながらフランコが手も足も出ず見逃し三振、パスクチが遊ゴロで加点できず。
三者凡退で迎えた8回の裏、薮田が飯田哲也の適時二塁打で同点とされてしまい、延長戦へ。
延長11回、大塚明の代打・塀内久雄が起死回生の適時二塁打で勝ち越しに成功するが、その裏、小林雅英がまたやらかしてしまった。
球は低めに投げられているとは言え、初球から暴投、コントロールも甘い状態では好調な楽天打線が見逃す訳が無く、2アウト3塁から吉岡雄二に真ん中低めの甘い球を簡単に合わせられ、中前適時打を浴び再び同点に。
12回表に2アウトからサブロー四球で出塁もパスクチ見逃し三振で勝ち越しならず。
その裏もコバスコ君は、2アウトから飯田・大島公一の連打で1・3塁とするが佐竹学を遊ゴロに抑えかろうじて引き分けに持ち込んだ。



今日の気になる点。

今日の打撃のA級戦犯、パスクチと李。
フランコは駒田級に訳がわからない打者なのでもう仕方が無い。
二軍でもあれだけインコースを攻められながら本塁打を打ったりしていても、一軍のより細かいコントロール(と言っても楽天投手陣のクオリティなら二軍とそう変わらんはずなんだが)の前にただ呆然と見逃し、1回・4回・7回・12回とあえなく凡退。
最悪である。守備でもただの右飛を中堅・サブローが長躯追い付き捕球するなどやる気の無さ全開。幾ら浦和で一塁守備専門だったとは言え、ここまで緩慢な守備では一軍は完全に無理。
李も東京ドームでの鮮やかな本塁打×2以来、コンパクトなスイングが影を潜めて去年の大物狙いなスンちゃんと化している。こちらも大ブレーキ。
今日の投手のA級戦犯・セラフィニと小林雅英。
この2試合失点が少なく試合が壊れていないとは言え、球数が多く最低限の仕事である7回投球完了すら出来ないセラフィニ。湿気が多いから仕方が無いとはいえ、これなら加藤康介でも一度飛ばして入れてみてはどうだろうか?
さらに小林雅英の相変わらずの制球の悪さ。球の勢いだけで抑えようとばかり考えていると、マリーンズ在籍末期の河本育之状態になってし…現になってるな。
大塚明、復帰後の精彩の無さ。
復帰前はもっとどっしりと構えていたのだが、この数試合見ていると始動が早く開きが早い。要微修正。
全体に足を絡めた繋ぐ打撃を取り戻さない限り、帳尻発動まで苦しい闘いが続きそう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。