À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パ頂上決戦・福岡ソフトバンクホークス対千葉マリーンズ@ヤフーBBドーム


Markun2.jpg

※写真は2001年夏の遠征ツアー時のものです。

結局「勢い」と「初心」で快勝してしまった鴎打線。
渡辺俊介、余裕の完投勝ち。
そして、チームに救世主が、現れた…。





鴎12-2鷹
勝渡辺俊介11勝3敗
敗新垣4勝4敗
本塁打:大塚4号3ラン(1回)松中35号ソロ(4回)ズレータ29号ソロ(7回)初芝神今季初アーチ(8回)


鷹さんが「命がけ」なら鴎さんは「運と勢い」で対抗した形となったこの試合。
初回、ホークス先発・新垣渚をマリーンズ打線がいきなり襲撃。小坂遊内安打→盗塁、福浦四球で1死1・3塁でベニーがカウント1-2のはっきり外れたパームボールを球審が「ストライク」とジャッジしベニー、大激怒
退場となったベニーに替わって打席に入った井上純が慎重に四球を選んで満塁としたがここでフランコがまたしてもボール球をムチャ振り三振で2死満塁としてしまう。

昨夜の勢いがあればこのままズタズタになって行く所をこの日は「運」がマリーンズを見放さなかった。
ここで、「絶不調」の新垣にただでさえ「分のいい」「思いっきり(だけ)が身上の」橋本に打席が回ってしまい、右前2点適時打で先制に成功。更に続く李承が右中間突破適時二塁打で1点追加。
そこで下位打線のキーマン、大塚明に打順が繋がれた。


大塚右越3ラン本塁打、6-0。

打った瞬間分かる当たり。日本人打者で久々にいいフィニッシュのスイングでした。
更に今江も大塚張りのジャストミートで左越二塁打で打者一巡、小坂凡退で1回の表終了。

更に3回、先頭のフランコが四球、続く橋本がまたしても左中間突破適時打、1死後大塚右前安打&盗塁で2・3塁とすると
今江が左前2点適時打、小坂右中間突破適時三塁打で10-0、2死後福浦の中前適時打で11-0。

序盤で試合を9割方終了させてしまった。

4月~6月の快進撃の原動力は「大塚を軸とする下位打線での得点力」、と以前書いたが、今日は初心に戻った、効率的な繋ぐ野球を久々に出来たのが大勝利の原因であろう。
よりにもよって史上最悪な出来の新垣にぶち当たったのも運だし、先発ローテで現状、一番試合を作れる渡辺俊介が今日の先発だった事、ベニーの退場がたまたま上2つの理由も相まっていい方向に働いた事。
まだまだ勝負の神様は我等が鴎チームを見捨ててはいない、という事なのだろうか?
大勝したからイイ!じゃなくて、昨日述べた事をこれからもキープして、一気呵成に帳尻モード発動まで突っ走ってもらいたいと思う。

昨日、今日と西鉄旅行&MVPプレゼンツの福岡遠征に行った人達、よかったね。心地の良い帰り道であった事だろうなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。