À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和マリーンズ対湘南シーレックス@ロッテ浦和球場

ロッテ浦和球場
海:000000010|1
鴎:00300000×|3
勝三島輝史
S神田義英
敗松家卓弘
鴎:
加藤康介:2回2安2振
三島輝史:4回2安4振1球
川井貴志:2回3安1振
神田義英:1回1安2振
海:
松家(3回)-牛田(3回)-山田(2回)
得点:
大松右前適時打・竹原右越適時二塁打(3回)
マリーンズ先発は登板機会調整の加藤康介。
2回を無失点に抑えたものの余り変化球のコントロールが思わしくないのが気に掛かる。上での9連戦で確実に登板機会があるはずなので軌道修正を図って欲しい。
3回表からは三島君が登板。
チェンジアップが高めに緩くすっぽ抜けるのと、やはり打者を背負っての投球の悪さが気になるところだが、今季今まで見た中でベストピッチ。
4三振の内容も、湘南の打者が完全にタイミングが合ってないもので評価できる。球速のことに関しては昨日のショックから立ち直っていないので省略。
打線は3回裏、代田四球、渡辺正中安、林のセーフティー気味の絶妙な投前犠打で1死2・3塁として、4番・大松が右前適時打でまず1点先制。
冒頭のMVP様の活躍?はこの直後起こった。

続く5番・竹原が右中間へライナーを放つと、湘南の右翼・桑原がフェンスに激突をしてもいないのに突然土煙をあげ自爆転倒&2回転。

(´・ω・ )<桑原選手は下記の事件後、3塁側ブルペンから担架で搬送された。動けないところを見ると相当な重傷では?…お大事に…。

バックアップに入った中堅手が2塁を回った走者・竹原を見て3塁へ好返球。タイミングは完全な追いタッチでセーフのはずだが、3塁塁審は「アウト」と宣告。
ここで3塁コーチ・佐藤兼伊知コーチが激高。
塁審にボディーアタックを2発食らわせ、ハイディも猛抗議。
判定は覆らなかったが佐藤コーチ、ナイスファイト。

はっきり言って、今日の見所はここでお終い。
昨日のJR東日本戦といい、打線が松竹コンビ以外状態が悪すぎ。
特に9番・塀内が初回の2死満塁での三振を含め3打数3三振(1四球)。どうした塀ちゃん?守備では好守備を連発して格の違いを見せているだけに惜しまれるところ。

今日の小ネタ集&本日の浦和オヤジ語録

①松家対「大将」寺本の「偏差値対決」に浦和オヤジ興奮。
②渡辺正人の第一打席、ガキに「あの球打てなきゃどうしようもないよな」とほざかれる。
③辻が7打席か8打席連続出塁か何かだったらしい。
④代田、4回2死、ウィットの右中間二塁打の際カットプレーミス。竹原も8回2死1塁で左前安打をファンブル、1塁走者を三塁へ進めるミス。今日は外野守備にお粗末が多かった。
⑤今日は木興投手がベンチとブルペンの伝達係。
一球一球球場に響き渡る声で「1-2です」「ファーボールです」「アウトです」と攻守に関係なく無感情な声でいちいち報告。スタンド、特に浦和オヤジ大うけ。

打撃成績
1中 代田  一ゴ四球中安右安左飛
2二 渡辺正 中飛中安四球三ゴ
3一  林  遊ゴ投犠三ゴ
 一 於保  ………………遊ゴ
4右 大松  死球右安一ゴ右安
5左 竹原  左飛右二三振四球
6捕  辻  左安四球右飛二ゴ
7三 澤井  四球遊飛中飛
 三 青野  ………………凡ゴ
8指 寺本  四球左飛凡打
 打 パスクチ………………凡ゴ
 走指早坂
9遊 塀内  三振三振四球三振
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。