À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ@千葉マリンスタジアム

久保康友、まさかの序盤撃沈。
捨て試合と化すも控え層すら活躍できず。
マリーンズ、ここが正念場。

公7-1鴎

勝 金村暁10勝8敗
敗 久保康友9勝2敗
本塁打:セギノール20号2ラン(4回)

マリーンズ先発・久保康友は4回に突如崩壊。
セギノールの一発と金子のタイムリーで3点先制。
マリーンズ打線もその裏、今江・李の連続二塁打で1点を返し、まだ食らいつく様子を呈していたが、5回の表、久保が試合をキープできずに高木にスイッチ。
高木はビハインドの回の頭からだっての!

小野晋吾をリリーフした時の印象が強かったのだろうが、昨日も僅差で山崎健のリリーフに失敗したように、もともと制球の悪い高木を、僅差のランナーを背負った状態で投げさせてはいけない。
結局試合の中盤で7-1となり、今日マリスタに来場された方には非常に気の毒だが、捨て試合モード。(はぁと)となってしまった。
その後、高木・小宮山がきっちり無失点でイイ!仕事をしてくれたのだが、

ここで9回1死からボビーが謎の采配。

投手:小宮山→山崎健

高木・39球、小宮山・40球でそれぞれ降板しているので球数が交替基準であったのだろうと推測されるが、小宮山、不思議そうな顔してたぞ?

山崎健の起用法って一体何ですか?

ボビーは煮詰まってくると典型的な用兵をしてくる。

①(かなり)過去のネームに頼った起用。
②不可解過ぎる小刻みな投手リレー

こういう一番つらい時期こその優勝経験のあるベテラン起用、とボビーは言いたいのだろうが、実際合切まるで球が見えてないロートルを起用しても何の収穫にもならぬ訳で。

こういうときこその塀内君や青野君、竹原君や大松君の思い切った起用じゃないのかな?と思う訳ですわ。

前回の林&竹原、塀内&大松の昇格より今こそ、新しいチーム内ポジション抗争を煽る時だと思うんだけどねぇ。
これだけ一軍メンバーが悪い意味で固定され、たまたま昨日打っただけで基本は打ててもいないのに4番固定のパスクチ、とかそういう起用法をやってるからチームが緩んでくるんですよ。
交流戦の頃の落ちるか落とされるかのベンチ内での切迫感はどこに置き捨てて来たのですか?

負けても実のある敗戦、捨てるなら捨てきる敗戦をしないと、この大詰めになって監督采配まで迷走されては、非常に困る。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。