À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ@インボイス西武ドーム

今宵も得意の波状攻撃で序盤で勝負あり。
効率的な加点で渡辺俊介余裕の投球。
最後は「詰めが甘い」ながらもダブルスコアの貫録勝ち。

鴎8-4猫
勝 渡辺俊介13勝3敗
敗 河原純一2勝10敗

本塁打:パスクチ6号ソロ(3回)カブレラ31号2ラン(8回)



初回、ライオンズ先発・河原に先頭の小阪が右線三塁打とし無死三塁とするが、続く堀が遊直で1死。しかし、

3番福浦があっさり右へやや浅めながら右へ飛球をあげ、俊足の小坂がタッチアップ。ワンヒットで1点先制。
一方のマリーンズ先発・渡辺俊介もコントロールがやや大雑把ながら、「早い腕の振りから繰り出される遅い球(byトンビ東尾)」で見事にタイミングを狂わせる。
初回、先頭の石井義人が中前安打で出塁し、犠打と進塁打で二死ながら3塁に進まれるが、ここでカブレラが遅い球に全く対応できずに空振り三振。
2回の攻防は河原が立ち直り三者凡退、俊介が和田・フェル公を連続三振と試合は僅差の膠着状態になるわけがなく、試合は3回に動き出す。
3回表、KOBE BEEFでエネルギー充填を完了し、狭山茶飲んでリラックスしたらしいパスクチが左中間越ソロアーチであっさり加点。

[っ゚┏┓゚]<俊介がいいピッチングをしてたので
      刺激を受けて打席に入っていた。

しかしその裏、ライオンズも喰らいついて離さない。
先頭の野田の右前安打、高木浩之の左前安打、石井義人の二ゴロで1死2・3塁とし、栗山が中犠飛で再び1点差とし尚も2死3塁。
ここは俊介が3番・貝塚を空振り三振に斬って取り、最低限の被害で食い止めた。

続く4回の表、先頭の大村三郎が四球で出塁するとフランコの左前安打から暴投で無死・3塁とし、ここでここで飛び出すマリーンズ得意の、一気呵成・波状攻撃開始。
今江が右前適時打で再び勝ち越し3-1。尚も無死1・3塁で投手交替・河原→三井。しかし流れは止まらず、

李:右中間突破適時二点二塁打

これで5-1、実質上は勝負あり。

暴投で内野が前進していたこともあり>(=ε=)
      気楽に打てた部分もある

〔丶`J´〕<前の打席でバットを一度も振らずに三振してしまった。
       その屈辱を胸に打席に立った。

(Θ щ Θ)<おいおいスンヨプ俺みたいにEnjoyして…

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) <その前にいつも3人で(ry

5回は三井が2者三振、渡辺俊介が走者を出しながらも3三振、6回も今度は三井が走者を出しながら2三振、俊介も三者凡退で抑え膠着状態が続く。
迎えた7回表、またしてもパスクチが左越二塁打で出塁すると1死後小坂が右前安打で1死1・3塁とする。

(・ヘ・)ノシ<引っ張れば最強なのさ!

ここでライオンズ投手交替:三井→山岸。しかしここで、

堀:得意の右前適時打

エンドランのサインだったのでとにかくバットに
当てて転がす事だけを考えていた>《´ホ`リ

これで6-1とするが、今日は目玉(?)の3・4番が機能せず公開処刑には到らず。ここ最近下位打線→1・2番で得点のパターンが定着してしまっている。
クリーンアップ、意味無いじゃん?

その裏のライオンズの攻撃を併殺を含めて3人で斬って取り、8回表は山岸に3者凡退で終わったその裏の攻撃。
この試合前まで俊介の前に無安打だったはずの石井義人にまたしても中前安打で出塁されると、2死としながらカブレラに2ランHRで6-3とされる。
しかしマリーンズの波状攻撃は止む事無く続いた。

9回表、山岸から替わった岡本からまたしても先頭のパスクチが左前安打→代走:諸積で無死1塁から、

橋本:右中間突破適時二塁打

これで7-3とすると、小坂の犠打、西岡のニゴ失策で更に1点追加、8-3。
ここでも3・4番が機能せず。う~む。

渡辺俊介は9回2死まで漕ぎ着けながら高木浩之の右中間突破適時二塁打を浴び無念の降板。ここは薮田神が好調の石井義人を中飛に仕留めゲームセット。

[ ´△`]<詰めが甘いですね。すいません。
      鷹さんが負けないので相手がどこであっても負ける訳には
      いかないと思って投げました。

後半の投球内容には、自分でも語っているように「詰めの甘さ」が見られるものの、7回までは貫禄の投球、しかも10奪三振で何を責めることが出来ようか。
聞きました?奥さん!
コミさんと俊介の爪の垢を煎じてエース様に飲ませてやりてぇ。

明日は小林宏之と小僧・松坂大輔。
小林宏之の真価が、明日問われる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。