À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和マリーンズ対山形イーグルス@ロッテ浦和球場

川尻の遅球を大松尚逸が粉砕。
黒木、格下相手に6回5安打9奪三振。
求道者の追い求める夢の先には…。

ロッテ浦和球場
山形0-3浦和
鷲:000000000∥0
鴎:010101000∥3
勝 黒木知宏
S 川井貴志
敗 川尻哲郎
得点:
鴎:渡辺正二ゴロ(2回)大松右越ソロ(4回)
竹原一ゴ(6回)
投手
鴎:黒木(6回)ー浅間(1回)ー川井(2回)
鷲:川尻(6回2/3)ー渡辺(1/3)ー小山(1回)
本塁打:大松右越ソロ本塁打(4回)
盗塁:竹原(2回)井上(6回)
盗塁死:代田(1回)
牽制死:早坂(7回)

マリーンズ先発・黒木知宏はブルペン投球時よりずっと思ったよりも球が軽く走り易くなっているのに不満な様子。
更に蝶々が彼の周囲をヒラヒラ舞い踊り、彼のイライラが増加。
イライラしたそのまんま登板した黒木は球場内外に「威圧感(イライラ?)」を振りまきながらマウンドへ上がる。
1回の表、ストレートが軽く、変化球・特にスライダーとチェンジアップにブレーキが利いてない状態で、先頭打者を2-0と軽く追い込みながら、変化球が思うように決まらず四球で出塁させるが、後続を見逃し三振、遊ゴ併殺で3人で斬って取る。
2回表も再び先頭打者を2-3としたが三邪飛に仕留め、次打者を二ゴに討ち取るが、続く打者の三ゴを田中雅彦が体で止めながらファンブルで出塁を許す。
ここは落ち着いて遊飛に取り、チェンジ。

ここまではそのフィールド全体をピリピリした雰囲気にさせた不満げな投球内容ながら打たせて取る方向に頭を切り替えたのか、ランナーを背負っても特に不安感が無かった。
しかし走者にガン付けすぎ。

迎えた3回。この回以降、黒木の現在の生命線、ドロップ気味のブレーキの利いたカーブと黒木独特のフォークボールが生き始める。
3回は1死から右線にポトリと落ちた当りを右翼・大松がもたつく中、二塁打とするが、後続を見逃し三振・三振と斬って取りこの回アウト3つを全て三振で斬って取る。
4回は先頭打者を三振に取るが、次打者の少し下がれば捕れる二飛を二塁・早坂が躓いたはずみに視線を切ってしまい右前安打にしてしまうが、ここも後続を右飛・三振で全く危なげなし。
5回は先頭を見逃し三振に取るが、続く打者にこの日唯一の完璧な左前安打を許し1死1塁。しかし次打者を簡単に三ゴ併殺で斬って取りチェンジ。

今日の投球で素晴らしかったのは、以前のように無理やり三振を取りに行って独りカッカしなくなった所。久々に見下ろして投げる黒木知宏を見られたのはファンならずとも嬉しいところ。
最終イニングとなった6回裏、先頭打者を三振に取るが、続く浅い中飛を二塁・早坂が深追いした為に中堅・右翼・二塁手がお見合い。
流石の黒木も

(# ゚ー゚)<無言のプレッシャー

を与える。
まるで、お前等こんな所でチンタラぬるま湯みたいな試合してんじゃねぇぞ?と言わんばかりに。
その後三振を取り2死とするが、サードが頑張れば止められた左前安打を浴び2死1・2塁。
ここで球数が90球に迫った黒木に荘投手コーチが御機嫌伺いにマウンドに立ち寄るが黒木は続投、ボッテボテの二ゴロに抑えここで御役御免。
あとは浅間→川井のリレーで完封リレー。
しかし、川井の投球テンポが非常に悪い。
特に9回。よくこれで無失点で済んだな、と思う。
決め球が無く粘られ、投げ尽くしてままよ、では困る。

打撃の方は、イーグルス先発・川尻ののらりくらりとした投球に打線が殆ど機能せず。
ただ、4回に出た、大松のマリンならライトスタンド上段へライナーのソロ本塁打はさすが主砲、と言う感じだった。相変わらず守備が…であるが。打撃では格が違うので、似ていると言われる金本(阪神)を凌駕する大打者に成長して欲しい。
それに対抗したのか、6回、竹原が力みかえって、止めたバットに当てて適時1ゴロ、といいとこなし。
川上哲治氏が、「バットに力を込める限りいい当りは打てない、自然体でスイングする事。」と仰っていたが、竹原も要所要所の打撃で、自負心が自然体を崩す「力み返る打撃」を克服すれば、打率・長打力で大松以上の打撃を誇れるはず。

早坂は守備でジョニーに怒られるも、2つの内野安打を稼いだ。(しかし投手に誘い出され牽制挟殺アウトは戴けぬ)一方、代田・渡辺正人が先日に引き続き打撃絶不調。
更に8回裏に登板したイーグルスの小山に、喜多・澤井・平下が全く歯が立たず三者三振。

球が速いがコントロールの無い投手に何の工夫も無いようでは…
何度言わせりゃいいんだ…

(投手成績)
黒木
1回 四球三振遊併
2回 三邪二ゴ三失遊飛
3回 三振右二三振三振
4回 三振右安右飛三振
5回 三振左安三併
6回 三振中安三振
左安二ゴ
浅間
7回 左飛左飛三振
川井
8回三振三振三ゴ
9回 左安投ゴ左安三振三振

(打撃成績)
1中 代田 投安二ゴ三ゴ
 打右喜多 ………………三振
2三 田中 右飛中安右飛
 打 澤井 ………………三振
3指 井上 中直二ゴ左安
 打 平下 ………………三振
4右中大松 捕邪右本 二ゴ
5左 竹原 中安中飛一ゴ
6捕 金澤 左安三振一ゴ
7遊 渡辺 二ゴ 三振凡打
8一 於保 三ゴ投ゴ一直
9二 早坂 二ゴ二安遊安
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。