À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ@フルキャストスタジアム宮城


不振の清水直行、悪いながらも6回3失点。

序盤の波状攻撃で早くも決着をつけた打撃陣。

点差以上に疲労感の残る勝利も、鷹に食いつく貴重な勝利。



鴎10-6鷲

勝 清水直行9勝9敗
敗 山村宏樹2勝7敗

本塁打:サブロー10号2ラン(2回)



レッスルマニア19とBS-iの渡辺俊介特集見てたら遅くなってしまいました。
さて、イーグルス先発・山村に初回から鴎打線は襲い掛かる。
小坂三振で迎えた1死無走者から西岡の遊内野安打(左前安打的な打球を遊撃が深いところで止めた)で出塁。
しかし福浦が左邪飛で2死としてしまい暗雲立ち込める中、4番サブローの打席で西岡二盗に成功。
やはり塁に出て投手にプレッシャーかけてこその西岡君ですな。
ここでサブローが中前適時打で早くも先制に成功。
ここでフランコ四球で打者は里崎。
しかし、里崎のホームラン性の当りが逆風に押され失速、楽天の左翼・益田のフェンス突撃捨て身のファインプレーで捕球され、大量得点の好機を逸する。
さてマリーンズ先発は前回ボロクソにこき下ろした清水直行。
今日は試合を作ってくれるんだろうか、とカミサンに言いながら、心の中では「3~5点は覚悟せにゃならんかの」と思っていた不謹慎な自分がいた。
しかし清水直行、コントロールも5球に1球はいいコースにビシッっと決まるものの、要所要所で球の伸び・キレが無く、コントロールが真ん中に集まる苦しい立ち上がり。
幾ら9連敗中とは言え、先程の益田のファインプレーに流れを取り戻した楽天打線が見逃すはずが無く、1死から沖原の中前安打、吉岡の左前安打、山崎に四球といきなり満塁にしてしまう。
ここで今日は5番に入った磯部が一ゴロで本塁封殺、2死満塁と向こうが自滅してくれたにも拘らず、続くロペスにまたしても甘い球を右前二点適時打で逆転されてしまう。

引き続き2死1・3塁としながら、先程の益田が打席に入るが、打ち損じの二ゴロでチェンジ。

相手が楽天で良かった♥

さて、先程のプレーと直行の乱調で雲行きの怪しくなった打線は、

これは点取れるだけとらんといかんね。

と衆議一決、
得意の波状攻撃で一気にかたを付けに行く。

先頭の李承が山村の初球を上手く合わせて左前安打で出塁すると、続くパスクチも初球を軽くバットに乗せ左前安打とし無死1・2塁。

ここで塀内が投手の正面にバントを転がしてしまい三塁憤死、更に小坂が初球を軽く打ち上げ二飛、とあっという間に二死1・2塁としてしまう。

また今日も宮越・有銘

と言おうとした瞬間、


929 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/21(日) 13:37:12
┏━━┳━┳━━━┳━┳━┳━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃2表 ┃鴎┃ 2-2 ┃鷲┃S.┃○○┃B.┃●○○┃O.┃●●┃
┗━━┻━┻━━━┻━┻━┻━━┻━┻━━━┻━┻━━┛
投手:山村宏樹
打者:(表記自粛)西岡
結果:右線適時二塁打

現在の走者
一塁:
二塁:西岡
三塁:久雄
本塁;


不振の西岡が上手く右線に運ぶ適時二塁打であっさり同点。
更に西岡より不振に輪を掛けていた福浦が、


975 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/21(日) 13:39:51
┏━━┳━┳━━━┳━┳━┳━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃2表 ┃鴎┃ 4-2 ┃鷲┃S.┃●○┃B.┃●●○┃O.┃●●┃
┗━━┻━┻━━━┻━┻━┻━━┻━┻━━━┻━┻━━┛
投手:山村宏樹
打者:(表記自粛)福浦
結果:右前二点適時打

現在の走者
一塁:福浦
二塁:
三塁:
本塁;


前の打席が幻であったかのような復調宣言の適時二点右前安打。そしてとどめに、


┏━━┳━┳━━━┳━┳━┳━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃2表 ┃鴎┃ 6-2 ┃鷲┃S.┃●○┃B.┃○○○┃O.┃●●┃
┗━━┻━┻━━━┻━┻━┻━━┻━┻━━━┻━┻━━┛
投手:山村宏樹
打者:(表記自粛)サブロー
結果:中越二点本塁打

現在の走者
一塁:通過
二塁:通過
三塁:通過
本塁:通過



しかしこの球場、中堅~右翼は球が異様に伸びて、左翼は異様に失速する変な球場ですな。

あっさり山村を撃沈、投手交替:→金田。
フランコ1ゴロで攻撃終了。

これだけ点取れば、

少しは落ち着くだろう?


と野手陣も観ている人達も思ったことだろう。
2回裏。
先頭の佐竹がこちらも負けじと初球をあっさり中前安打。
続く藤井も2-1と追い込みながらあっさり中前安打。
関川がドンヅマリの捕犠打であっさり1死2・3塁。

どこが落ち着いたんだと…|||●TZ

ここで好調な沖原が0-2から謎のミスショット天麩羅遊飛で2死とし、吉岡も0-1から二直。
楽天も焦ったのだろうか、ともかくこの回も相手の自滅で助かった。
3回表をやはり苦手な金田に抑えられ三者凡退として迎えた3回裏。
先頭の山崎、またしても初球を左中間フェンスまで運ばれ、例の逆風でスタンドインしなかったとは言えいきなり無死二塁にしてしまう清水直行。


話にならんな>(´c_,` ) 

トリポーさんでも毒づくこの気まずい展開に続く磯部が1-2から謎のミスショット二飛。
しかし、ロペスが左線適時二塁打で3失点目。

更に前の打席の好機に倒れた益田が1-3から中前安打とし1死1・3塁とするが、ここでも佐竹が2-1からボール球を大振り三振。

楽天さん、これじゃ連敗するわ…。


しかしこの度重なる拙攻にも拘らず、慈愛に満ちた偉大なるエース様は1-3からフルカウントに持ち込みながら結局四球で2死満塁としてしまう。
しかしまたしてもここで関川が2-1からボテボテの1ゴロで攻撃終了。

田尾さん、分かるわその気持ち…|||●TZ

4回表、これでは勝ちきれぬ、と衆議一決した野手陣は再度波状攻撃を試みる。
先頭の塀内が金田の得意な変化球を鮮やかに右前に運び無死1塁とし、小坂四球、西岡のセーフティー気味の三前犠打で1死2・3塁とすると、


1612 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/21(日) 14:25:46
┏━━┳━┳━━━┳━┳━┳━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃4表 ┃鴎┃ 8-3 ┃鷲┃S.┃●○┃B.┃●○○┃O.┃●○┃
┗━━┻━┻━━━┻━┻━┻━━┻━┻━━━┻━┻━━┛
投手:金田政彦
打者:福浦
結果:左中間突破2点適時二塁打

現在の走者
一塁:
二塁:福浦
三塁:
本塁;


福浦、完全復活の走者一掃二点適時二塁打で5点差とする。

もうここで勝負ありなのと所用で外出したが、その後の結果を見る限り、精神衛生上ここでTV切っておいてよかった…。

結局、清水直行は6回101球、8安打4四球2三振、と何とか試合を作り降板、後を受けた小宮山が乱調で5安打3失点、藤田も不安定ながら抑え切り、グダグダながら逃げ切った。

清水直行の今回の内容に関しては、結果オーライな部分が多いながら、

一応試合は作ったと言う事で次回に期待、


ですな。

ただ、18番を背負う投手として、評価は自然と厳しくなるのは仕方がないし、文句も言いたくなる。だからと言ってやたら無闇に清水直行を叩くのはちょっと、ねぇ…。逆に一応、清水直行の調子事態は谷底を越えたと私は思っているのだが…。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。