À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何年かぶりの、普通な週末。

自分の行動から「縛り」を取っただけで、こんなに楽になるとは正直思っていなかった。
だからと言って今まで服の下で緊縛プレイをしていた訳ではない。
自分は至って成城石井ですよ。
何故か家の電話機が壊れてしもうた。
別に携帯から自宅へ掛けてもTrrrrrrrrと鳴るが、電話機は沈黙したまま。
で、電話機の受話器を取って耳に当ててみれば、無音。

何だかよく判らないので5年ぶりに電話機を買い換えてみる事にした。


シャープ デジタルコードレス電話機(親機コードレスタイプ)
JD-S10CL-W(ホワイト)


そんなに部屋が広いわけでもないし、使う頻度もそうないのでこんな感じでえぇんじゃなかろうか、という事で即決でしたな。

ついでに本屋に寄って週明けの暇つぶし用書籍を購入。

徳川将軍家十五代のカルテ
篠田 達明
新潮社 (2005/05)
売り上げランキング: 45419


似たような書籍がいくつか出ており、学術史料以外でそのうちの一つを確実に読んでいる筈なのだがどうにも思い出せない。
どちらかと言うと医学的な見地からちゃんと書いているので、最近話題になったこともある「大奥」の主とはどんなもんだったんかいなぁ、と読み進められれば面白い。

バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその
島村 菜津
光文社 (2007/03)
売り上げランキング: 2814


笑われても仕方ない事ながら、イタ公の生き方が羨ましくてしょうがない。
だからと言って「LEON」の類は買わないよ。
帯に書いてあった「なぜイタリア人には、スタバもコンビニもシャッター通りもないのか?」という文言に心を惹かれてつい買ってしもうた。
効率主義になれないと今の日本では生きていけないが、非効率から産まれる文化もある訳で、この数年ずっと考え続けていた事に何らかのヒントを与えて貰えればいいかな、と自分は思っている。

…近所の桜も大体散ってしまい、そろそろ新緑の季節へとシフトチェンジしていく(はず)なのだが、山あいの道にまだ残る冬の息吹が消えたら、本当はひこにゃんを観に行きたいのだが、その前に甲斐・駿河・遠江・三河に残る戦国遺構を巡って見たいと思う。
今までの「縛り」に捉われず、休みくらいは自分の好きな事をして行こう、今はそう思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。