À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病み上がりの空に@幕張



…さてさて、心頭滅却すれば何とやら、と書こうとしたらどこぞの地味様が黒薔薇様に被弾してしもうた。
一体今日はどういう日やねん、と。

厄日か、コn(ry。
どうせ休みだ、という意識が働いて以来記憶が途絶し、気がつくと首都高湾岸線を疾走していた。
体が非常にだるいし、雨が降らないのは判っているもののソの余りの寒さに…とここまで書いたら地味様が仏様のような名前の打者に2ランを浴びて勢いよく逆転されてしまった。
もうここまで来ると

ヽ´_J`)<横浜の次は…

が転落の一途を辿るに至ったあの「病気」と同じ、イップス性のポカですな。

…話が逸れすぎた。

余りの寒さと車を側壁のデッド・ゾーンへと誘う強風(なぜか都内に入ると止んだ)となぜか千葉に近づくにつれ振ってきた雨が次々と行く手を阻み、「早く中止のメールこねぇか」と今や遅しと待ち構えていたのだが、結局次の記憶の途絶の後、私は観衆150人強しかいないマリンスタジアムに居た。

雰囲気がまるであの二次トライアウトとどこが違うねん?、的な閑散かつ哀愁漂う場内。


週末の親子ゲームも惨憺たる有様だったが、150人だと浦和3塁側が飽和する程度だろうか、それにしても少ない。
外野など好き好んで座る人すらいない。そらそうよ。



試合は呉偲佑が先週同様の集中力の無さで2回4回に各3失点、5回には「劣化版岡島・同じあっちゃ向いてホイ投法なのに平均球速は対岡島比マイナス20km/h」な柳田とのコンボで更に2失点。
だってストレート130km/h切るって何よギダー君?

正直、それが全て。
これで御前試合、しかも有料試合。
正直「金返せ」と何度も思ったが、ジュン・イノウエ様の貴公子の微笑みと定坊の貫禄な外角スライダークソボール空振り三振に萌え捲ったのでそれは流石に言わなかったけれども。

呉偲佑の場合は、まず投球テンポが悪い。
一球投げ終わる→マウンドの周りでウロウロ→、この間隔がランナーが居ようが居まいが関係なく非常に長い。
そこに来て2ストライク以降の「力む分だけのコントロールミス」。
そして刻々と増えていく球数と投球間隔のロスタイム。
観てる方もダレるが、このクソ寒い中守ってる野手はもっと堪らんだろう。

多分まだ自分的には台湾のエースとして鼻っ柱を折られること無く、二軍で「調整試合をやっているんだけどよぉ、バックがこらまた何か知らんが(自粛)で何とかしてくれよ。それにしてもコイツ等器用に打ち返すなぁ、球威がそのうち戻れば関係ないけどね」程度の非常にマイペンライ思考でここまで来ているのではないか、そんな感じがする。
4回裏に2点差まで詰め寄った時に古賀監督がヤンワリと喝を入れていたのだ(結局無に帰した)が、どうも今の気象状況のせいなのか何なのか知らんが、「集中力が4回までしか持たない」感が否めない。
どこで鼻っ柱を上手く折ることが出来るか、どこでそのマイペンライ的性格にプロの厳しさを叩き込めるか、そこが今後の勝負なんだろうと思う。

取り敢えず現状の一軍半連中と二軍主戦力との乖離がはっきりと出た形となった試合になったが、かきたい事が山ほどありすぎて収拾が付かないのでそれはまた別段にて。

とにかく病み上がりで一気にぶり返させてもう一週間ほどズル休みするための布石でマリンまで行ってしもうたわい、と自分でも恐ろしい子!と叫びたい位悪魔的思考が脳裏に浮かんだが、案外とアレ以来帰宅してから調子がすこぶるよい。

やはり二軍戦は鍛えられるなぁ、心技体全てが。(嘘)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。