À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば幕張の空@幕張



幸か不幸か、昼間の予定が突然空くと言ういう僥倖に恵まれ、思うが侭為すがままで気が付けばまた幕張の空の下に居た。


まぁ金澤が捕飛をこぼすわ平下が一塁ベースから足を外してセーフにするわ、直後に一塁走者がいるのに動揺して一塁に付くのを一瞬忘れるわ、よくこれでこの二日のようなボロ試合にならなかったな、と思ったり。

手嶌も要所要所でコントロールが甘いながらも要所要所を気合で締めて3回の1失点のみで抑えきったのは立派だったと思う。
しかも繊細な人が一生懸命投げているのに馬鹿な奴が約一名、的外れ且つ空気が読めずに笑えもしない大声で放たれるインプレー中の野次にも負けずによく頑張ったと思う。
(流石にあの野次を放った奴は鴎ファンとは冗談抜きに言えないと思う。それ位心底頭にきた。)
まだ直球が136km/h前後に留まってはいるものの、新たに試している印象のシュートの具合がいい。
無駄なボール球も少なく野手に無意味な時間ロスやストレスを感じさせない投球は今季見た全ての投手の中でも上位に入ると言っても良いのではないだろうか。
あとは変化球の若干のコントロールミスさえ補えられれば、新入団の年の前半見せたあの投球が帰ってくる。そう断言してもいいかもしれない(ちと弱気)。

そんな中、2番手で登板した田中良平があっという間に長短打で1失点でそれが決勝点になろうとは。いい球と悪い球がはっきりとして苦し紛れの…もう同じパターンですな。
その後を神田→内とリレーしたのだが、内がようやく本領を発揮しつつある。
最初は何やらおっかなびっくり投げていたが、途中から直球が146km/h平均、スライダーが137km/h、と二軍レベルではちょっと禁じ手な投球を見せたのが収穫か。

打つ方は相変わらずお粗末。
9回無死1塁の場面で、二遊間が非常に狭くなりバスターで思いっきり左右へ打ち分けてください、な展開でバントミス、そして図ったようなバスターがそのニ塁正面へ転がり併殺(打者は細谷)、とか何を狙っていいのかもはや自分が判っていないレベルにまで翻弄されている神戸・平下に当てるのが精一杯で小飛球を量産する南。
特に神戸の打席が酷い。
内を付かれても見極めが出きず見逃し、外高目を空振り、変化球に釣られて三振。
これは酷い和製P様ですな。
バット振込み1000回か俊介のバッセンで2時間打ち込みね。

この日の試合、途中出場の橋本に竹原に渡辺正人が出場しなかったら恐らく完全な完封リレーで終わっていた事だろうと思う。
橋本は完璧な当たりのライトへのソロ、竹原は最初の打席こそご愛嬌で三振だったものの、安打と四球で軽々と出塁すれば、正人も四球に安打で軽く出塁。
多分これに塀内と青野が居れば軽く勝っていただろう。
それだけ古賀さんの苦悩が深い、と言うことなのか。

とにかく全体に球が高いシーレ先発:高宮に対して「どう攻めるのか」と言う意識が全くない上に、ポンポンとテンポよく投げる高宮に対して間合いを外したりする工夫が無く、後は高目の直球に次々と手を出して三振の山。
今年は覚悟しなければならないとは思っているが、試合のスコア結果や勝敗云々より自分の一つ一つの打席において何を考え、どう工夫して「攻略」するか、というレベルにまで打者全員が達していないところが非常に気になる。

アレだけボールくさい直球をブンブン闇雲に振り回されたら、そりゃ勝負にならんよ。

今日の実測観衆は210人強。晴れてきた分だけ人が増えましたとさ。
とにかくお金を取って試合する以上は、こんな朝もはよから幕張に駆けつけた奇特なお客さんの為にもう少し何かを残して欲しかったなぁ。

…つか、こういうのもう書かないんじゃなかったっけ、俺?

orz
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。