À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧巻@幕張

まぁ、なんだ、NHKの中継でボビーがですよ、飲み終わったミルクティーのペットボトルをタンツb(ryにしていたシーンをですな、何度も図ったように映し出していたのはありゃ何らかの悪意が作用していた結果か何かですかね。

しかし今日投げた「既にマリーンズのエース」大嶺君の投球は圧巻でしたな。
見ていて思ったのは、球速以上に打者が想像以上に差し込まれている、ということ。
1回の内野ゴロニ連発と中島の右飛はそんな感じでしたな。

それが反転して悪夢に変わったのが2回。

カブレラの当たりがまさかスタンドインするとは、そしてバットを粉砕させた和田の当たりがあわやレフトフェンスまで飛ばされるとは、大嶺君も予想外だったのでしょう。
ここで「やっぱ若いよね!」と言う感じでムキになった大嶺君が自滅したのは皆さん御存知の通り。

朝に某兄から戴いた「浦和ヲヤヂ達の情報」によれば、打者一巡が精一杯という事でしたが、ネガティブな私は「内や浅間と同じ結果になるんじゃないか」と予測しておりました。
浅間君はタフィーにあっけなく被弾し1回持たずにKO。
内君は打者一巡が精一杯で5回持たずにKO。

スコア的には似たようなもの、なのかもしれませんが、ここからが違います。
マウンドに居るのは「どう観ても清水直行以上に堂々とマウンドに君臨する大嶺裕太」でありました。
黒のビジターユニも相まって非常に濃ゆいというかオサーンくさい(by嫁)大嶺君はカッカしても表情を表に出さず、眼も泳がず、「5点?それ位ハンデだろ?」位の勢いでこのあと快刀乱麻の投球を見せるわけですが、どうみても彼はロッテの選手には無い何かを持っています。

被弾するたびに明日世界が破滅しそうな勢いで試合の流れはおろか場内の雰囲気までをどす黒くしてしまう背番号18をつけた地味な人とか、突然雷が鳴ったり被弾したりすると眼が泳いで試合を完全に崩壊させる、今は他のチームに行ってしまったヽ´_J`)とか各停しか止まらない駅の名前とか横浜の次とかいう人とかが過去現在に渡ってマリーンズと言うチームに居たと思うのですが、この子の失った「5失点」程全くネガティブにならない大量失点は正直見たことも聞いた事もありませんな。

確かに制球が余りにもアバウトすぎるし、幾ら押せ押せのリード好きな里崎も途中テンパって何を投げさせればいいのか混乱していた場面も具間観れましたが、前述したように圧巻は3回でした。

カブの三振はまぁ失投に近いのを逆に意表を突いた形でありましたが、帳尻ーファーの見逃し三振はこれ以上無い綺麗な見逃し三振でしたな。
G・G佐藤の見逃し三振はあからさまに直球狙いすぎな二軍ライクな姿勢が招いただけなのでまぁ当然でしょう。
恐らく皆が望む大嶺君の完成形はこの3回の投球なのではないかな、と思います。
もしそうなら、伊良部・黒木以来の「安心して見られる剛球エース」の時代の到来はもう直ぐそこですよ奥さん。

とりあえず現状としては、

①ドロンとしたカーブっぽいフォークのキレをどうするか。
②行った行ったの流れの延長で投げるスライダーのコントロールをどうするか。
③どこで力を抜いてどこを集中して全力で投げ込むかの力の加減をどうするのか。
④押して駄目なら引いてみろ。
⑤低目への徹底した意識付け。

確か内君も初先発した辺りの感想もこんな感じでしたが、現時点の完成度のレベルが余りにも違いすぎます。最近松坂大輔や田中将大のように右足の蹴りが全然投球に活かされていないフォームではなく、極めて無理の無いオーソドックスなフォームも申し分ないですし、何より前述したようにマウンド度胸が斉藤和巳もひれ伏すぐらい小気味いいところがいいですな。

あんまり人のことを誉めない、寧ろケタクソにこき下ろす私がこれだけ誉めると明日は雨になりそうですな。…予報は午後から雨らしいけど。

今年は野球がツマランと前に書いたし、大嶺より寧ろ手嶌だろ、とも書いてしまいましたが、ここに謹んで、御免やしておくれやしてごめんやっしや。

勝ち負けに関係なく、これほど面白いと思った試合は今季初です。
本当にありがとうございまsh
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。