À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉マリーンズ対阪神タイガース@マリンスタジアム

ほぼ2005~2006浦和優勝メンバーで臨んだ一軍昇格搭乗最終便。
呉偲佑の明らかな出遅れ、抜け出せない加藤康介。
それぞれの葛藤が一気に噴出した打撃陣。

虎7-3鴎

虎 1 0 0 0 4 0 1 0 1 | 7
鴎 0 0 0 0 0 2 0 0 1 | 3

勝 ジャン
敗 呉偲佑

①呉偲佑の出来と考え方との乖離。

登板後のインタブーでしきりに相手打者を誉めていた呉偲佑。
台湾だったら決め球のチェンジアップが打たれないのに上手く打たれた、と語る呉偲佑。
しかしながら、今日映像で見る限り、完全に調整不足のままマウンドに上がった、としか思えない出来だったのは否めない。
フォームは工藤公康のようなダイナミックなフォームながら体の切れがないのか下半身が全然使えていない。
配球に関してはほぼ清水直行を左に直した様な感じなのだが、解説の橋本さんが語っていないように「腕が振れていない」為に軸となる直球に勢いが無く、その決め球とやらのチェンジアップがドロンとした変化の為に狙い撃ち。
平たく言えば「絶不調の清水直行から10km/hスピードが落ちた感じ」と言えばよいのだろうか、それだけ出来が悪かった。
そこに来て5回のつるべ打ちの間、表情が出すぎているのが非常に気になった。やろうとしたことが上手くいかずにブーたれるガキのような感じだったところを見ると、あのインタブーは強がりの一種かも試練のだが、どうも呉偲佑はこの出来が自分のそれなりの投球、と思っているフシも見られるのが怖い。
勿論そんな物見遊山なお客様気分で一軍で投げられたら他の二軍投手に迷惑至極な話であるし、そんなに日本のプロ野球は甘くない。
1ヶ月、暖かくなるまで下でミニキャンプを張って腕の振りがしっかり振り切れるようになってから改めて戦線に食い込ませた方が良い様な感じがするのだが…。
荘さんが言葉に不自由する呉偲佑につきっきりでフォローしているが、荘さんはとても優しい人柄なので今日の投球をどう反省させるのか、とくに呉偲佑自身の考えている課題点と首脳陣が考えている課題点との乖離を明確に指導して理解させないと、今後難しい事になりそうだ。
なまじ台湾で1・2を争う投手と言う自負が彼にあるだろうから、そこを上手く使って指導しないと本当に潰れてしまいそうなのが怖い。

とにかくパンとした状態になれれば、確かに10勝は行ける投手だと思う。それだけに今のような中途半端な状態で一軍で投げさせる必要があるのか、非常に気になる。

②荻野君がしっかり投げれば、中郷君がパンとすれば…。

今日の荻野君の投球は非常に良かったとおもう。
球がまだ走っていないものの、縦に割れる緩めのカーブのキレと手元でキュッと曲がる横のスライダーのコンビネーションが絶妙だった。
大田で見たときは何か力み過ぎな感があったのだが、今日はそれを「強気」と言う形に上手く変えていたのでは無いかと思う。

小さな上背ながらも、リリースからフィニッシュのフォームが西崎幸広(元日本ハム)っぽくて自分的には好きなフォームだと思う。
これで連投に耐えられれば確実に薮田神の負担が激減するし、万が一小林雅英がどうしようもない場合に薮田をクローザー、荻野をセットアッパー、不安定な神田と中郷君をその前に併用で置く、と言う形が出来る訳で、これはマリーンズにとって非常に大きい。

③加藤康介はこのまま戸部ポジションに納まってしまうのか?

全体に制球が甘く、いい様に打たれた感が拭いきれない。
赤松を見逃し三振に取った球と赤星・関本に打たれた球との間にはっきりとした「落差」が見られる。
これが解消しない限り、今後の上がり目は無いだろうと思う。
残酷なようだが、こんな事を繰り返していては…。

④松本君の、使い道。

先日の里崎のリードに続いて今日も変化球主体でリードを取っていた橋本だが、はっきりと抜けたクソボールに怒ったのか、ベースの両脇のラインを大きくジェスチャーしてから急に直球だけの配球に変えた。
するとようやく制球が決まりだし何とか無失点に抑えたのだが、どうもこの感じを見ていると「悪い時の藤田宗一がもう一人増えた」ように思える。生命線の直球が制球出来るかどうかで登板した試合の内容が左右される、そんな危険性を感じてしまうのだ。
まぁ藤田にもう一人終盤に投げられる左腕を置くのは有効なのだが、その強気な投球がどう作用するのか、もう何試合か見てみないと何ともいえなさそうな感じですな。

⑤内竜也がしきりに力む理由。

とにかく直球の出来が素晴らしい。
この時期で146km/hを叩き出すのだから状態はいいはずである。
しかしスライダーとフォークがはっきりと指に掛かりすぎてはっきりとボールになるわ、走者を置いた状態で暴投になりランナーを進めるわ(内一つは橋本が刺したけれども)…でお話にならない出来だった。
急速に末永・荻野・中郷の両名が台頭している中、こんなポッと出な新人のような投球をしていけばどうなるか。
ポテンシャルは先にあげた両名と比しても劣るどころかそれ以上のものを持っているだけに、一日も早い建て直しが望まれる。

⑥竹原君の守備が酷い、と言う話をあちこちで聞いていたのだが…。

まぁ浦和でもそれなりに無難だったし、大松の初年度みたいなマリンでのやらかしはしないでしょ?、位に自分は思っていたのだが、どうも怪しい。
加藤康介の投げている場面で、当たり損ないのレフトに飛んだ小飛球を何を思ったのか一度後退して慌てて前進し、取れる当たりを見事にワンバウンドさせていた。
正直これは投手にとって一番ガックリ来るプレーでは無いだろうか?
他にそこそこ打てて守備はまぁいい右の外野手はマリーンズには帯以上襷未満で山ほどいるので、昇格争いで非常に不利な筈である。
ただ打撃の面で、8回1死1・3塁の場面で一ゴロ併殺となった不運な当たりがあったのだが、狙いとしては正しかったと思う。
状態が良ければそれがライナーで一塁線を点々とする筈のものであるので、あとはそういった力を抜いた状態でどれだけ野手の間を抜くライナーが飛ぶかどうか、と言うことではないかと私は思う。
そのライナーが更に軌道が上がるようになれば、自然とそれがホームランになる、私はそう思っている。

⑦ボールを強く叩けるか、それとも強く振るのか、その意識の差。

塀内君の藤川君と当たった打席、手も無く捻られた打席が象徴的である。外寄り高目の直球狙いなのが見え見えな所に矢野が要求する訳が無いところにインコース高目の「マティー貫禄の見逃しゾーン」を見送り、最後は真ん中高目の釣り球に空振り三振。

こうしてみてみると、一軍当落選ラインに残る条件がはっきり高澤コーチの言った「強くボールを叩けるか」という一点に集中していそうな気がする。

只管大振りする平下、塀内、早川。
大振りから叩く意識に変わってきた竹原、渡辺正人。
叩く意識の強い青野、西岡。

これは当落ゾーンのみならず現在好調か不調かのバロメーターにも適用できるし、何か余計な事をグダグダ考えて急降下中の今江にもそれは言えるのではないか、と私は思うのだが、この高澤さんの一言は万金に値する名言ではないか。
振った先にボールがあって飛んでいくのではなく、ボールを叩きに行く為にバットを振る。
言葉にするとなんだそりゃ?で終わってしまいそうだが、この違いは意外に大きいのではないだろうか?

まぁそろそろ開幕を浦和で迎えのるか幕張で迎えるのか、その振り分けの最終段階に来てはっきりし始めた訳だが、とにかくまだスタートの号砲が鳴ったわけではないので、今から自分の課題点をどう消化できるか、それを考えられるかそれとも漫然と日々を送るのか、それによってゴールデンウィークを過ぎたあたり、その当落線上における「差」は広がりもすれば逆転する事もある。
それを肝に銘じて精進して欲しいと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。