À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーンズ2006大社ドラフト総括。

昔は週刊ベースボールの情報くらいしかなかったドラフト選手の情報も、今や動画までチェックできる世の中になりました。
世の中便利になりましたね。
さて、今季のマリーンズ、大学社会人選手のドラフト指名選手を見ていくとしますか。

神戸拓光(流通経済大・外野手・右左)

「ボクは、走攻守の三拍子を求められる、東京6大学や東都
に行かなくて良かったと思う。流経大に入ったからこそ、自
慢の打に磨きをかけることができた」


どうも「おいやん」の匂いがプンプンしています。
華麗なアーチで見るものを魅了する、それこそスラッガーの証。松本さん、かもめーずマニアの気持ちが分かってますね!
ただ、190センチ近い背丈と放映中に出た「体重100キロ(?)」、というスペックと併せて迷スカウト様の記事を読むと、その「当たれば飛ぶ」天性の長打力と、さもすると「緩慢な守備」に捉えられかねない大きな体にあった動き、と何やら非常にパスクチ臭もして参ります。
左翼守備、というより指名打者か一塁起用になっていくのでしょうか。とにかくこの目で早く見てみたい選手ですね。
(参考)
「野球小僧編集部ログ」様のインタビュー記事
流通経済大学野球部のホームページ


荻野忠寛(日立製作所・投手・右右)
ニッカンスポーツの記事では、

日立製作所のエース荻野12球団OK

 日本選手権関東予選が14日、東京・大田スタジアムで行われ、日立製作所は0-2で鷺宮製作所に敗れ、3年連続日本選手権出場を逃した。日立製作所はドラフト候補の技巧派右腕、荻野忠寛(24=神大)が4安打2失点と好投も、報われなかった。荻野は試合後「指名されればどこでも行きたい」と12球団OKの姿勢を示した。ネット裏には横浜、オリックス、楽天のスカウトが集結。楽天後関スカウトは「これだけ球種が分からない投手は珍しい」と話した。この日は直球の最速が140キロ前後だったが、スライダー、フォーク、カーブがそれぞれ手元で微妙に変化するため見た目以上に打ちづらいタイプ。また4番・田中政則内野手(23=水戸商)もプロ入り表明した。

[2006年10月15日7時28分 紙面から]


とあります。
「迷スカウト」様の記事によると、173センチと私と背丈が変わらない位プロでは背の低い選手ですが、キレのある直球とブレーキの利いたカーブ、それにスライダーが武器だそうです。
フォームは帆足(猫)と三島と桑田(兎?)を足して3で割ったような感じ。開きが早そうなフォームですな。
ただ右打者の攻めがどうしても外中心になってしまうのが目に見えているので、神田のようにシュートの取得とかが必要になるのか、それとも持ち球の直球でエグく内角を付けるのか、これを見てみたいですね。
(参考)
日立製作所野球部の選手紹介
「野球小僧」様のインタビュー記事


江口亮輔(愛知学院大・投手・左左)

「迷スカウト」様の記事を読む限りだと「ドロップを投げられる川崎雄介と加藤康介を2で割ったような投手」なのだろうか。
フォームは工藤(兎)のようなノーワインドアップの始動から渡辺俊介のような足の上げ下ろしに球の出所が見づらい「巻きつくような」テークバックから緩やかに投げる、といった感じですか。
藤田の跡継ぎとしての起用が望まれます。何とか早いところ食い込んできて欲しいものです。
(参考)
愛知学院大学ホームページ内の記事


中郷大樹(JR四国・投手・右右)

故障明け、というものが無ければ確実に上位指名されていたかもしれない選手、と考えればよいのだろうか。
140km/hを超える速球に縦横2つのスライダー、まさしく「ポスト・薮田神」を担う為にマリーンズに来た、としか言い様がないだろう。
この人も上背が余り無い投手だが、度胸満点な投球でマリンをシビレさせてくれるに違いあるまい。
(参考)
JR四国硬式野球部の選手紹介ページ


角中勝也(高知ファイティングドッグス・外野手・右左)

四国アイランドリーグでは85試合に出場し、率.253本4点28盗5とまずまずの成績ながらも三振55、と言うのが多少気になりますな。
アイランドリーグ選抜として何度もメンバーに選ばれており、リーグでも有望株だったのでしょう。
返す返すも今季の浦和マリーンズ・四国遠征に行けなかったことが悔やまれます。
野球小僧10月号の記事を読むと、やはりチャンスで打者を返せる打撃センスのよさと、いい肩を持っているようなので、これは面白そうですね。ただでさえテレンコ全開のマリーンズには得がたい人材かもしれません。
(参考)
四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグス選手紹介
「四国アイランドリーグ情報」様のインタビュー記事


松本幸大(デュプロ・投手・左左)

どうも左のサイドハンドのようですね。
直球で押してスライダーとカーブ(スクリューもあるらしい?)、とはどうも山北(星)の匂いがプンプンしてくるのですが、上背は175センチだそうです。
今年は小柄な小気味のいい投球をする投手が多いですね。
ただ「押すだけ」の投手なら浦和にはゴロゴロいるので、社会人8年目という事も合わせて「大丈夫かな?」とも思うのですが。逆球も多いそうなので…。
いやらしい攻めが出来て一皮剥ければ、みんな可能性はある筈なので要はそこに掛かってくると思うのですがね。
(参考)
Duplo野球部の選手紹介
(「open」→「投手」→「松本幸大」をクリック)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。