À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーンズというチームについて。

これから話す話はネタのように見えるけれども、決して、ネタではない。

マリーンズは強い。
今は無き大阪近鉄の応援を観に旧大阪ドームの対マリーンズ戦でライトスタンドに行ったりした事はあるが、応援を「しに」マリーンズ戦、しかもよりにもよってマリンスタジアムのレフトスタンドに行ったのは、ピンクユニになり立てだった頃のまだ「あやふやだった頃」以来の快挙、いや愚挙ではないだろうか。

八木沢→中西(代行)、そしてボビーを経て江尻→寺岡(代行)→近藤、と監督は転々としたが、あの頃のマリーンズには「暗黒」なんて安易な表現が当てはまらないくらいの弱さがあった。
戦術がない、繋ぎの意識が無い、守備で自滅、果ては無死満塁から三者凡退無得点、なんて試合が日常茶飯事。
毎回「西武ライオンズ」とか「近鉄バファローズ」とか「オリックスブルーウェーブ」という三強の前に文字通り「膝を屈した」あの頃。

そして幾星霜。

西武ライオンズは身内のお家騒動その他諸々でゴタゴタ、「近鉄」バファローズも「オリックス」ブルーウェーブも事実上消滅した。
そして今、千葉ロッテマリーンズが上位球団として存在している。

この事について、それ何て冗談、的なものが自分にもあった。
若手は思うように育っている訳でもなく、2005年の遺産を食い潰してるだけのチームじゃないか、と正直思っていた。

しかし、広島というチームの眼でマリーンズというチームを改めて見てみると、冗談抜きにこのチームは強い、と思わされる。
確かに初回のフェルナンデスの投球は正直「ナックル」とは言えないシロモノだった。変化しないナックルは打撃投手以下ではないか。
それでもマリーンズの打者は決して逆らわずに打ち返したし、塁に走者が出れば進塁打を意識していたし、相手のミスは確実に突いて来た。
もう一方の広島というチームは、自分があの頃感じた「勝利へのもどかしさ」を再び思い出させてくれた。

初回が無ければ勝っていた。
暴投が無ければまだ追い付けない程度の反撃は出来た。
素質のあるいい選手が揃っているのに組織だった攻略がまるで無い。
折角出塁したのに次の初球でニゴロ併殺。

あの頃の西武ライオンズがチーム打撃を徹底していたように、マリンスタジアムのレフトスタンドから観る千葉ロッテマリーンズはまさに、あの時の常勝西武と同じくらいソツが無く、憎い存在に見えた。

何とかしてあのチームに勝ちたい。
こんなチームでもいつかあのチームのようになりたい。
そんな想いが何年ぶりかに沸々と沸き起こり、気が付けば自分自身があの頃の「狂犬」に戻っていた。

改めて、応援はスタイルじゃないと思う。
勝って欲しいと思うアツい気持ちは、形では表せない。
別にメガホンがあろうが無かろうが関係ない。
要は「祈るような気持ち」の有無、そういった問題なんじゃないだろうか。
あの時のマリーンズには、確かにそれがあった。
それが今無いだけの話、自分はそう思うのですよ。

今のマリーンズの応援スタイルが認知され始め、メディアにも取り上げられるようになった頃には有頂天になって気付けなかった事が、今日の試合では色々あったように思う。

まぁ、二軍戦を観戦する機会が多いし、年齢的な限界が確実に訪れているので、出来れば静かなマターリとした試合が一番いいに越した事は無いのだけれど、こういった「忘れかけた感覚」を思い出せるそんな試合観戦も、たまにはいいと思う。
…もしかしたら5年10年たって、今日対戦した両チームの力関係がどう逆転するかは誰も判らない。
だが、少なくとも今日自分が真摯に思ったのは、広島カープと言う球団がいつか優勝して、もう一度北別府・大野・川口・津田を擁した黄金時代をこの真摯なファン達の為に作って欲しい、という事だった。
またおこがましい事を言ってしまったが、

今日の試合で何とも言えない愛着を、この球団に 持ってしまったことは確かだと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。