À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かがやらなければいけない事。

ロッテが四国アイランドリーグを買収…?

記事を見て何の釣りかと流石に思いましたが、どうやら四国ILで唯一親会社の存在しない「高知ファイティングドッグス」の親会社として名乗りを挙げるべく検討中、と言うことらしいですな。


ロッテが四国IL買収か 選手派遣で育成に利用

 プロ野球ロッテが独立リーグ、四国アイランドリーグ(IL、4チーム)のうちの1チームの買収を検討していることが18日、分かった。しかし、アマチュア球界と日本プロ野球組織(NPB)の調整が必要なため、実現には難航が予想される。
 同日、ロッテのバレンタイン監督が構想を明らかにしたもので、今秋のドラフト会議では育成選手も含めて30人程度を獲得、来季から20人前後を四国ILのチームに派遣して育成するという。同監督は「多くの選手がプロに入る機会をつくりたい。四国リーグとは既に話し合いをしている」と説明した。
 四国ILの4チームのうち、愛媛、香川、徳島の3球団は地元企業が親会社となっているが、高知は四国ILの運営会社、IBLJが保有する形となっていることから、ロッテは高知を買収する可能性が高い。IBLJの鍵山誠社長は「野球界のために何か役割を担いたい。NPBのマイナーチームの一つとなることは問題ない」とロッテの姿勢を歓迎した。
 しかし、NPB側は選手獲得の抜け道となる可能性や、社会人野球の人材が不足することなどの懸念を示している。実行委員会やオーナー会議などで他球団の理解を得る必要があるため、実現までにはクリアすべき課題が多く残っている。

[ 共同通信社 2007年6月18日 19:59 ]

この後の四国IL社長の会見の模様の記事が続いてうpされていますが、ポレ公が去った後の四国ILはかなり積極的ですね。
当初の採算や集客予測の見通しの甘さのツケを精算する為には、これ位の大仕掛けくらいないと難しいものがあるのかもしれません。
「来季から提携できれば」 四国IL社長が記者会見

 四国アイランドリーグ(IL)を運営する株式会社IBLJの鍵山誠社長が18日、高松市内で記者会見し、ロッテ以外のプロ球団にも経営参加を持ち掛けているとした上で「年内に話し合いを済ませ、来シーズンから協力できれば理想的」との見解を示した。
 鍵山社長は「プロ野球界の底辺拡大のため、四国ILが貢献していく必要がある」と提案の意図を説明。ロッテの反応を歓迎するとした。今月に入って既に7球団への打診を済ませ、7月末までに全12球団に提案する方針という。
 提携の内容については「必ずしも買収にはこだわらない」とし、交流戦や資本参加を通じて選手の育成を図る考え。ロッテは、4チームのうちの1チームを買収することを検討しているが、ロッテ側から詳細な提案はまだなく、売却も含めて未定という。

[ 共同通信社 2007年6月18日 23:09 ]

さて、事の是非を考える前に、必ず出てくる既得権益を邪魔されそうだから今のうち叩いとけ、的なコメントが早くも散見されているようです。
(前略・ソース:ヨミウリオンライン)

 ロッテ・瀬戸山隆三球団社長「育成選手枠という制度もあるので、いろいろな角度から研究しております。プロ、アマ関係各所との調整も必要と思いますので、努力していきたい」

 ロッテ・バレンタイン監督「もっと多くの選手にプロに入る機会を広げていきたい。少しでもいい選手に育つ場を与え、プロ野球がそういう選手を獲得することで、いいリーグになっていくべきだ」

 IBLJ鍵山誠社長「野球界のために何か役割を担いたいので大歓迎。(NPBの)マイナーチームの一つとなることは、リーグ内でもコンセンサスが取れている」

 巨人・清武英利球団代表「選手育成はプロが自前でやる方がいい。巨人は育成選手の指導者を雇っている。ロッテ球団の意見か、バレンタイン監督の意見か分からないが、野球協約では他の組織と活動できないことになっているので、慎重に見極めないといけない

どの口が言いサラs

まぁ、プロアマの壁とか学生野球の壁とか色んな団体間の利害関係が複雑に絡み合って今の混沌とした野球界が存在している訳ですが、この場合「選手(人間個人)に直接金銭的価値が生じる」という所に利害の源が来てしまうのは、別に今始めて判った訳でもない過去からの色々な「選手の入団に纏わる噂」でもうお分かりな事と思います。

だからと言って高野連のような、硬化した武士道思想のような、極端な「学生は清貧を持ってナントヤラ」的な考えで言っても現実的には学生さんも両親をはじめとする家族のある生活がある訳ですから、そんなキレイゴトを言っても実際は成り立たない事も、今回の高野連の瞑想と言うか醜態を見たことでお分かりな事と思います。

ところで、アマチュア野球を統括する団体って幾つあるんでしょうか。以下にwikiからの引用を載せてみましたが、これを見て一発で関係が判るアンタはエライ。
団体の所管元とか文部科学省の利権とかが今度は絡んでくる訳です。
阪神の球団社長が何だか合ってるんだか合ってないんだか良く判らない発言をかましている中で、一概にプロが悪いようなニュアンスを醸し出しているようですが、それを言うなら「旧来の芸能興行からスポーツ・エンタテインメントに昇華しようかと画策している今こそ、プロアマ冷戦時代の間に凝り固まった組織の乱立という壁、利権の壁を突き崩す契機じゃないのか」くらい言って欲しかったと思います。
* 全日本アマチュア野球連盟 (JOC・国際野球連盟に加盟。主催大会なし) →【アマチュア野球】
o 日本野球連盟 (体協加盟)
+ 各地区連盟 (9地区47都道府県連盟。硬式のみ ) →【社会人野球】
+ 日本女子野球協会 (女子野球全般の支援) →【女子野球】
# 女子硬式チーム →【社会人野球】
# 全日本大学女子野球連盟 →【女子野球】
* 硬式の部 (2005年現在、加盟チームなし)
* 軟式の部
# 全国高等学校女子硬式野球連盟
* 高校女子硬式チーム (ソフトボール部の大会出場も可)
+ 全日本リトル野球協会 →【少年野球】
+ 日本少年野球連盟 →【少年野球】
o 日本学生野球協会 (主催大会はあるが、部門別開催) →【学生野球】
+ 全日本大学野球連盟 (硬式のみ) →【大学野球】
# 各連盟(26連盟)
+ 日本高等学校野球連盟 →【高校野球】
# 硬式の部(9地区47都道府県連盟)
# 軟式の部(9地区47都道府県連盟)
* 全日本軟式野球連盟 [6] (体協加盟) →【軟式野球】
o 一般の部 (9地区47都道府県支部) →【社会人野球】
o 少年の部 (9地区47都道府県支部) →【少年野球】
o 学童の部 (9地区47都道府県支部)
o 全日本大学軟式野球協会 (主催大会なし)
+ 全日本大学準硬式野球連盟→【準硬式野球】
# 各連盟 (9地区25連盟)
+ 全日本大学軟式野球連盟
# 各連盟 (22連盟)
+ 全日本学生軟式野球連盟
# 各連盟 (6連盟)
o 全国専門学校野球連盟
+ 硬式の部
+ 軟式の部
o 全日本還暦軟式野球連盟
+ 各都道府県連盟
* 全国高等専門学校総合体育協会・硬式野球競技専門部
* 全国医科学生総合体育連盟
o 東日本医科学生総合体育連盟
+ 硬式野球競技部会
+ 準硬式野球競技部会
o 西日本医科学生総合体育連盟
+ 硬式野球競技部会
+ 準硬式野球競技部会
* 全国歯科学生総合体育連盟
o 硬式野球競技部会
o 準硬式野球競技部会
* 全日本女子軟式野球連盟 →【女子野球】
o 一般の部 (4地区連盟+6支部) →【社会人野球】
o 高校の部
o 少女の部
* 日本Kボール少年野球連盟 →【少年野球】
* 日本ポニーベースボール協会 →【少年野球】
* 全国少年硬式野球連盟 →【少年野球】
* 全日本少年硬式野球連盟 →【少年野球】
* 日本アカデミーリーグ (専門学校・大学の硬式)
* 日本身体障害者野球連盟

人間、何らかの益があるこそ「徒党を組む」と言ってしまえば身も蓋も無いかもしれませんが、要はそういう徒党を組んだ連中による「理屈になっていない勝手な権益」をぶち壊す意味で、ロッテというある種の「鬼っ子」な会社が第一歩を踏み出した、私はそう考えます。
フューチャーズの試合を観ていて何か感じることがあった筈です。ただその何かとは何か、と言うことについては我々には判らない事ですけれども。

ただ私から言える事は、

否定からは何も始まらない

…そういう事ですよ奥さん。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。