À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の追浜、涙雨。

このところ(特に)ビジター観戦で勝ち知らずという驚異的な試合観戦の日々を送っていますので、今日は以下のポイントに注意してみました。

これは決してゲンかつぎなどではない。
繰り返す、これは訓練ではない。
…そこまでして勝ちたいk

【今日のポイントをおさらいしてみよう】

・今日は俺の純こと、井上純コーチを観に雨の中来たのだ。
・今日は俺の心の友ことレック君と戯れに雨の中来たのだ。
・だから今日はベイスターズファンの恰好で来ますた。
・だから今日は絶対マリーンズが、勝つんや。

【結論】

…試合も天気も大荒れ、今日も負けたお。

orz
試合前、余りの雨の降りようにモロさんがしきりに腕をバッテンさせてましたが、これは雨中ヘッスラの血が騒いだとしか思えません。
しかし無情にも、試合は開始となりました。
この天気で400人近いお客様だそうで。それはやらねば。

さてこの試合、5回まで大嶺君が四球を連発しながらもノーヒットピッチングを繰り広げておりました。
途中で司会で久々に登場のケチャップさんがバラしてしまい、若干気まずい雰囲気が生まれてしまいましたが、まぁご愛嬌ですよご愛嬌。

全体に球が高く(特にスライダー)、前回最後に見た登板内容と較べても余りいい状態では無いようにも思われましたが、結果的にはきっちりとシーレ打線を封じ込んでおりましたよ。

流石に不調な浦和打線も奮起せずにはいられなかったのでしょう。
6回表に、ついに浦和打線がシーレ先発・秦を攻略します。
まぁ降格する前には散々叩かれていたらしい先頭打者の塀内君が値千金、大松の本塁打以上に完璧な大飛球をライトスタンドへ。
マリーンズ、先制に成功ですってよ奥さん!
更に角中の適時二塁打、金澤の犠飛で合計3点をゲット。勝ち越したことだし、これは眼の前で大嶺のノーノーが観られる!と思っておりましたが、やはり肩の状態と今日の天候を考えると無理はさせられなかったのでしょう、6回からは黒木が登板します。

しかしながら、内容が無失点とはいえ余りいい内容とは言えません。
打たれた2安打はあわや被弾…的なものでしたし、あの見ている側まで戦慄させるような威圧感も感じられず、打たれた直後のピンボケ写真を見ていたら、ジョニーは本気で自分に対して怒っていました。
ここは何とかもう一度マリンのマウンドに君臨すべく立ち直って欲しい所なのですがね。

3番手は中郷君。
神戸君と並ぶと首一つ違う好対照な体ながらも負けん気の投球は健在です。
しかしイニングを跨いだ直後に、武山に場外まで運ばれる完璧な当たりを喰らってからおかしくなります。
その後二塁打の走者を背に置いた所で、満を持して神田君が登板します。

神田君はとにかく決め球が無くなっているのが全てです。
結局ワンアウトも取る事無く降板。
先日御紹介した数字と投球内容が全く噛みあってません。
寧ろ一軍にちょくちょく昇格する前の、コントロールの無い神田君に戻っているような気がしたのは思い違いであって欲しいのですが。
神田に投手交代が告げられて、出てきたのは…三島君。
上も下も、投手陣のやりくりには相当苦労しているようです

三島君には真価を問われるマウンドになる筈です。
初球、あっさりと遊飛に仕留め…たはずがその瞬間、風が舞ったか遊撃の藤井君が急にオロオロしだし落球。
三島君はおろか3塁側のお客さんが総orzするなか、タイムリーエラーでむざむざ勝ち越しを許してしまいます。これは厳しい。
藤井君も相当悔やんでいましたが、もうアフターカーニバルです。

その後も「もう少し細谷君が体張って止められたら抜けはしなかった」三塁線を突破する、というには緩い当たりの左線への打球が飛んで走者一掃、3点差で勝っていたものを熨斗を付けて返された上に余計な3点を逆に献上してしまいました。

試合はそのまま3-6で敗戦。
未だシーレに今季未勝利。
何だか懐かしい感情が甦って来ましたよ。
応援しがいのあるチームに、浦和もなって参りました。
ここから自分が足りないものをどうやったら克服できるか、そういう事を考えて実践した子だけが数年後、伝説の2007年浦和メンバーとしてマリンスタジアムの一軍公式戦で華を咲かせてくれる。

私はそう信じてますよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。