À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや言葉すら見つからない件。【追記あり】

※当記事は日本時間6月27日夜の時点で入ってきた伝聞・情報に基づいて書いたものです。
※事件捜査の進行上何かしらの変化等がありましたので多少の追記を行いました。



あんまクリス・ベノワ一家無理心中事件を引っ張るのもどうかと思うんだけれども、イマイチ釈然とせんのですよ。

無理心中(日本語)≠double murder suicide(英語)的な感じを日本人的思考な自分は贔屓目があるだけについしてしまうのだけれども、こちらのサイト様の記事で観るとやはり=(イコール)なんですかねぇ。
日米の宗教観や考え方の違いもあるし、事実そう言われればそうだ、としか言い様が無い訳で。

ただね、WWE.comのこの記事とか、ベノワ事件に関してWWEが公開している時系列の記事を単純に読んでると、「これが本当に心中か?」ともつい思ってしまうんですよ、特に同僚に届いたとされる意味不明のテキストメールの内容の段辺りで。

今のところ、WWEも昨日のRAW追悼三時間スペシャルを行った事の謝罪とベノさんの存在の抹消を明言してしまいましたので、今後日本でもそういった輝かしいスパスタとしてのベノさんの映像は見られなくなるんでしょうな。

スレッジ・ハマー刑事でも(以下約六行省略)誰でも何でもいいから、きっちりこの事件の謎と真相を究明して欲しいものです。

【 追 記 】

日本時間6月27日21時ごろの情報によりますと、捜査陣の方から正式にベノさんによるdouble murder suicideであると断定された模様です。
被害に遭われた奥様、御子息、そして残されたご遺族の方々には改めてお悔やみを申し上げますとともに、加害者であり自殺と言う形でしか罪を贖えなかったベノさんにはもう一度向こうできっちり贖罪して来てくれ、そうでないと敬虔なクリスチャンとして天に召された大親友のエディに顔向けできないだろ、としか今の所は申し上げられません。
何ともいえない後味の悪さと、どうしようもないもどかしさを抱えつつも、この項を終了とさせていただきます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。