À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に願いを@平塚

春の「珍事」、七夕の「一日天下」、秋の「帳尻」。
つい最近まで、マリーンズは季節感あふれるチームでした。
それが今や洗練されたシティーボーイとモダンガール達によって球場が埋め尽くされ、内野まで立ち応援OKというナウでヤングな球団になってしまい、そういう「季節感」と言うものが無くなってしまいました。

た、七夕を観に平塚まで行ったんだからねっ!
か、カメラの故障が直ったから、起動テストをしただけだからねっ!
や、野球なんて、二の次だったんだからねっ!
オ、オーティズのセカンド守備なんか、知らないんだからっ!
今日の先発・手嶌は不調を絵に描いた展開の連続でした。
前々から気になっていたのですが、この人は特に不調時、表情が体全体に、そして投球にまで露骨に出ます。
性格的に「いい人」なのは見ていても著述を読んでいても良く判りますし、度重なる故障で焦りもあるのでしょう。
しかしながら、もっとマウンドの上で「鬼」にならないと。
黒木がいい例です。
黒木の不調時にマウンドでの仕草や投球に弱気を感じたことがあるでしょうか。自分に怒りはすれどもそれは絶対実戦の場では出していなかった筈。

変化球が低めに決まらない→ボール3になって、どうしよう→何とか2ストライクになった→アッチャー、打たれた→どうしよう、もっと慎重に行かないと→(以下無限ループ)

今日はこの思考のループに落ち込んだままの不完全燃焼でしたな。
以前幕張で行われた同じシーレ戦で、バックに足を引っ張られながらも必死の投球をしていた手嶌君を観ているだけに、今日の投球は残念でなりません。
一軍で投げる為にどこを課題にして投げているのか以前の話としてここまでおっかなびっくり投げていては正直イカンと思うんですよ。

手嶌が3回で代打を出された為に二番手として登板した江口君。
だいぶコントロールが落ち着いてきたようです。
イニングを跨いだ所で若干不安を感じましたが、このまま安定した投球が出来れば「高木ポジション」も近いのでは。

6回から登板した三番手の林君は久々に観ますが、フォームが以前よりギクシャクしているような気がします。
球威・コントロールも甘くあっという間に2失点、とこちらも厳しい展開が続きそうです。
見た限り山本昌(竜)の投球に見えなくも無いですが、山本の腕はスリークオーターですし、巧く表現できないのですが何か体軸の回旋運動としての「投球」に違和感があるんですよねぇ。

7回に登板した末永君はやはり見ていていいですね。
時々抜けるコントロールを補うに余りある球威と球速とマウンド度胸。これを続ければ内君辺りをあっさり追い越して行ってしまうのですが。

8回に登板の松本君はだいぶ落ち着いて投げられるようになってきました。
投げる勢いに眼が行き過ぎて肝心な投球が疎かになる登板ばかり今まで見てきましたが、今日ははっきりとしたボールの割合が減り、対右打者でもスライダーで内を突ける投球が印象に残りました。
そういう落ち着いた「普通の投球」が出来るようになれば、松本君の需要はもっともっと上がるはずです。精進して欲しい所です。

打撃陣は相変わらず「引っ張ってるだけ」「当ててるだけ」「困った時の一発頼み」な状態が続いています。
特に一番に入っている南君、好機に代打に出てランナーを進めるどころか状況も考えずに大振り三振した藤井君、青松君。
もう少し考えていかないと、結果オーライだけではちょっと…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。