À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末見たものを思い返してみる企画。

週末に色々と長編アニメ作品とか何やらを色々見る機会があったので感想を書こうかと。

あえて言うなら「ぽてまよ」、特に「『ぐちゅ子』と『とり』の存在」が今季夏クール新番組の大当たりなような気がするのですが、それは今回の趣旨とは違うので話さないよ。

…あんな大鎌振り回して怪光線を放っても尚愛しく感じる子供がお父さん、欲しいなぁ。

え?
お父さんハード路線好みから宗旨替えしたかって?

…も、萌えなんて言葉なんか、知らないんだからっ!

時をかける少女 通常版
角川エンタテインメント (2007/04/20)
売り上げランキング: 3


前々から評判がいいと言う話をチラホラ耳にしたのと、貞本義行さんがキャラデザしたものが作品としてどう仕上がったんだろう、という二つの興味を持って観ましたが、開始40分強で視聴中止。
絵も脚本もキレイ過ぎて洗濯板よりも抑揚も何も無い展開、そしてまるで原沙知絵自身の存在感と同じくらい「エアー感」に包まれた作品のように私には思えた訳ですが。

スカルマン The Skull Man 2  <初回限定版>
ジェネオン エンタテインメント (2007/08/24)
売り上げランキング: 1693


今週が最終回だったスカルマン。
全ての謎と設定を最後の最後で「009」と「仮面ライダー」に丸投げするという超法規的エンディングで、嫁も私も実況の皆様も正直唖然、となる結果に終わりました。
13回で終わらせるには前半を引っ張りすぎ、所々にエヴァとかラゼポンとか血+とか色々なオマージュ(笑)が入るところは流石ライディーンのオマージュでラーゼフォンを作り上げたスタッフの皆様の得意とする所でしょうか。
正直最後の詰めを超法規的バッドエンドにした事により、最後までgdgdなまま終わったエウレカセブンを超える事はできたように思います。まぁそこも含めてBSフジで始まった再放送をもう一度見返してみるのも一興かもしれませぬ。

もう一つは、黒鉄ヒロシ原作の漫画を市川崑監督が独特の陰影を付けながら切り絵紙芝居風に仕立てた作品、「新撰組」。
これは日本映画専門チャンネルでたまたま放映する機会があったので録画してまで観た訳ですが、これには理由があります。
今日(2007/07/23)現在、ソフト化されて無いんですな、これ。
公開が2000年ですから何かあったんでしょうかね。

後半の展開がgdgdというか尻切れトンボになってしまう上に、ノンテロップでブラックアウトした画面に歌だけが2分間流れてENDって…。
多分理由はこれなのかな?

…まぁそこを除けば、新撰組ファンの皆さんなら確実に楽しめます。
切り絵に市川崑監督の陰影なんて、本当に誰が考え付いたんだろう。

※見てみたい方は、あと2回放映機会があるようですので、公式ページの「新撰組」作品紹介のページで時間を確認してみてください

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。