À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオス@水道橋

今日の試合を見ていて気づいた事があります。
それは定岡卓摩選手が出場しているかしていないかで、試合への集中度と緊張感が月とすっぽん位違う、と言うことです。
延長12回までの正直欠伸が出るくらい退屈な展開を、定岡卓摩の登場で全て補った、と言い切れば宜しいのでしょうか。
そう、それは恋が愛に変わる瞬間なのかもしれません。
私が愛した、おいやんへの道が再び、私の心をヒットして…

はいはい定坊ロックオン状態の私が帰ってきましたよ。
水入り二回を挟んで久々に見る浦和マリーンズの試合、どんなもんだったのでしょうか。
試合前、マリーンズ先発・黒滝君の球を受ける池野ブルペンキャッチャー。
先日の鎌ケ谷で先陣を切ったあの雨中ヘッスラを経て勇者の貫禄(ry。

黒滝君は春先より格段の成長を見せてきています。
今日御一緒させて頂いた某姐が黒滝君を見て「松坂みたいなフォーム」と評していましたが、よく観ると確かにそれっぽいフォームですな。
これでもう一本球威が増せば、なかなか面白い存在になってくると思います。しかしながら、近年マリーンズに入団する高校卒の投手陣は2年目に劇的な調子落ちをみせる傾向があるので要注意です。
高卒1年目でホリンズとか脇谷とか小関とかがゴロゴロしている巨人相手に5回を足引っ張られながら2失点で投げきったのは凄い事だと私は思うんですがねぇ。

各方面で復帰が渇望されている大塚明選手はこの日スタメン6番・中堅で出場しました。
相変わらずの「定坊をも凌駕する鮮やかな大振り」で健在をアピール、フルスィングでフラフラの遊飛を打ったときには正直(自粛)でしたが、3打席目で左翼フェンス直撃のツーベースを放ち、大塚明ここにありと猛アピールです。
但し、浦和競馬場直送の脚部不安はまだ続いているようで、まだ足を庇う仕草を見せたり、以前の大塚なら取れている際どい当たりをワンバウンドさせてみたり(何故か我々が見てもワンバンだったものを三塁主審がアウト宣告して少々揉めた)と、

少しずつ 調子は 上向いてきましたが、本調子には まだまだですね

といった感じでしょうか。
再発だけは避けたいので何とか帳尻に乗れれば申し分ないのでは。

男・根元君は元気に二軍で大暴れ中です。
相変わらず流し打ちを徹底している(のか単に以下略)のですが、二軍レベル相手なら正直敵無しの状態ですね。
今日も走者一掃二点適時三塁打を放つなど、守備のあやふやな部分を除けば文句無しの状態かもしれません。
二軍は鬼、状態を早く卒業してもらわないと困るのですが。

いただけないのはやはり古谷君です。
一時の最悪な状態の加藤康介状態というか、コントロールがままならない、球は走らない、変化球はキレない。
先頭の小関の初球をライトスタンドにあっさり運ばれ、続く打者にもセンターギリギリの大飛球。
その後も抑えはしたものの、右打者が全くインスラに怖がるそぶりも見せずに踏み込んで来ているのが気になります。
要は全然怖く無いという事ですか。
ちょっと重症、というか誰か早く手を打たないと。
開幕してもう4ヶ月、ずっと同じ状態というのはどうなんですかね。

あと角中君が一軍昇格して以来4番に入っている細谷君が今日4打数3三振、1スクイズ失敗捕邪飛併殺と残念な結果に終わりました。
前にもどこかで誰か相手に書いていたような気がしますが、4番の打撃よりも、自分が一軍で通用する為の「自分のバッティング」を心掛けて欲しいと思います。
今日は三塁守備で良い動きをしているのですから、もっと自分らしさを前面に出して行って欲しいものですね。

定坊こと定岡君は延長12回に満を持して代打で登場しましたが、貫禄の空振り三振に終わりました。正直守備が見たいんですが。

あと、内君が復調気配です。
スライダーとフォークのキレさえ復活すれば怖いものなし。
プレ五輪大会も控えてますし、これを気に「世界の内」へ!

あと、元マリーンズの背番号11、あまりのチームの不人気ぶりにバレンタインデーと言えば彼しかチョコが行かなかった前田投手が久々に古巣相手に登板していました。
奥の佐藤コーチ、手前の諸積コーチのコンボは見ていてジンと来るものがありましたね。

ここに来て所々光明は指しているのだが、まだまだ全体的に曇り空、あまりチーム自体が上向き加減になっていない、というのが今日観戦した私の感想です。
正直上に胸を張って上げられる選手がいない事が自分的には悔しくて仕方ないのですが、この悔しさを来年以降絶対に夢に、そして現実に繋いで欲しいものですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。