À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ、小坂誠選手。

kosakamakotocomeback.png

さて、右肩の故障でジャイアンツ戦線を離脱中の、我等がこさっちこと小坂誠選手。
昨日の試合前練習で久々にその姿を拝見できました。
まだシートノックにも登場できない上にベンチ入りも果たしていないほどの回復具合なようですが、(この前G+で見たのは勘違いだったのか?)流石に捕球する様は神々しいものがあります。
やはりジャイアンツ移籍後の苦労があるのでしょうか、かなりやつれているようにも見えますが、何とか故障を早く癒して復帰して欲しいものです。
惜しむらくは、この小坂選手の捕球練習を、ジャイアンsツの若手が誰も見ていないと言う事です。
これ以上の教科書は無いくらいの小坂の守備練を見ずに、何のためにプロ野球選手をやっているのか!
喝です、喝ですよ、奥さん!

それでは撮りだめたものからよさげなものをピックアップしてみた画像をどうぞ。

続きを読む

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

虎と象の戦い@水道橋

cIMG_5448.jpg

まだバブル華やかりし頃、叔父が阪神ファンなもので、よく年間予約席を貰って神宮へ阪神戦を観に行きました。
その頃のタイガースは岡田どんでんさんがオリックスへ移籍する直前だった辺りですからまだまだダメ虎な時代でありまして、私の神宮球場観戦連敗記録の根幹をなしておりました。
ですから久慈とか新庄とかオマリーの応援歌をソラで(勿論六甲颪も)歌えるのですが、歳月と言うのは無情でありまして、まぁロッテ同様色々なものが変わってしまったようですね。

続きを読む

テーマ:阪神タイガース
ジャンル:スポーツ

黒木知宏ファンの皆様に朗報でやんす。

cIMG_2795.jpg

雑誌「マンスリー・M」なんてのがござんして、その最新号(2008/4月号)をチラホラ読んでおりましたら、我等が魂のエース・黒木知宏氏のインタブーが掲載されておりましたよ。

続きを読む

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

プレイボールは、二度かかる。

BSフジで「朱蒙(チュモン)」を見ていていつも思うのだが、テソ王子(キム・スンス)と原田龍二って似てるよね、と夫婦で囁きあっている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

現役続行―プレイボールは二度かかる
矢崎 良一
竹書房 (2005/03)
売り上げランキング: 48910


・・・で、例のフルスィングの原作となったあの高畠さんの本について書こうと何度も思っているのですが、どうにも上手く纏められないでおります。もう少々お待ちを。

折角ここまで書いたので、先日読んだ「現役続行」の中から興味深いフレーズでも、どうすか?・・・とかくと聞こえはよいのだけれど、実の所上記二冊を絡めて感想を書こうとして挫折した、というのが真相だったりするわけですが、それではどうぞ。

続きを読む

テーマ:野球全般
ジャンル:スポーツ

とりとめのないはなし。(2/19)

西鉄ライオンズ最強の哲学 (ベースボール・マガジン社新書 4)
中西 太
ベースボール・マガジン社 (2007/11)
売り上げランキング: 80956


ところで、先日紹介した中西太さんの著書、特にプロ野球の若手と言われる世代の選手たちや、プロアマ草に関係なく野球をプレーしている方、そして観戦オンリーだけど戦術とかプロの選手の在り方について一家言ある方には結構お薦めな本でしたよ。
野球OBの著述でこれだけアクの無いと言うかキツイ事を書いていてもすんなり読める本もそう無いわけで、(逆に言うとアクの強いOBが書くものが氾濫しすぎていると言う事なんすかね?)まぁそんな感じでスイスイ読んだ感想でも書いてみようかと。

続きを読む

テーマ:野球全般
ジャンル:スポーツ

中田君も凄いけど。

ようやくBSニュースで中田君のホムーラン映像を見ることが出来ました。
久々にボールがぐしゃっと潰れるような打球の感覚を見たような気がします。
流石パワーに関しては凄いですね。

但し、この時期とは言え、中田君を2-3とは言え追い込んでいる状態でドンピシャで打たれた筒井投手に喝、ですな。
普段から上体が突っ込み加減なようですから、もう少し簡単に軸は崩せる筈なのですが。
体が絞れていないところにパワーだけは人一倍ある、でもこういう揺さぶりを掛けた攻めにはあ結構弱い、といった展開を見ていると思い出すのはやはり定坊です。

a070916612.jpg

バットの振りの鋭さは中田君に遠く及びませんが、スィングの優雅さとパワーに関して、定坊は決して中田君に引けを取らないハイスペック素材である筈なのです。
上の写真は軽く揺さぶられてつい手が出て三振、なシーンな訳ですが、ここさえ克服すればマリーンズ待望の「国産・右の大砲」が登場するんですけどねぇ。

キャンプに行かれた他サイト様の記事を見ていると、どうやら昨シーズンより体が絞れて来ているようですが、実質二年目の今年、長打に磨きを掛けて「中田君?それより定坊だろ定坊!」と言わせるような活躍を期待したいところです。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

滝鼻さんとか原さんとか藤田さんについてのおはなし。

業界でも名の知れた古参企業の子会社に我々が在籍していた、とする。
その会社は親会社の会長の方針で、部課長クラスが近年定期的に親会社から流入してくるようになったので、まず駆け足で出世の階段を上がるような現象は絶えて久しく、事実上「頭がつかえている」状態、だとする。
しかしながら待遇は親会社の業界団体や労組がある程度しっかりしているし、そこに在籍する限り食いっぱぐれる様な事がまず無く、人前でも「あぁ、あの有名な!」である程度通るのである意味居心地は良い。
たまに同業他社に活躍の場を見出したい、と思う事はあるものの、絶対的なキャリア不足とその会社に在籍していることの「ブランド力」の影響を考えるとどうしても躊躇してしまう。
いい意味でも悪い意味でも前時代的というか昭和テイストであり続けてきたこの会社。
そこに突然親会社ワンマン会長の腹心である社長が「やる気の無い若手は切り捨てる」と言い出し、それと前後して現場マネージャーが、若手が成長してこない限り生え抜きより親会社の命で転籍してきた者中心に活躍の場を与える、と明言して来た、とする。

学生さんや、在籍年数や社内調和その他諸々より完全実力重視な会社にお勤めな方には多分に理解・想像し難い事であると思うのだが、この数日眼に入ってきた記事を読んでいて、ふとそういう風景を想像してしまった。

そしてある意味自由闊達な会社から当社に移籍してきた人がいて、やたら前職について恨み言を事あるごとに吼える割には何かと前職の職場に顔を出している。
そしたら前職の職場から出入り禁止を言い渡されたらしいぞ?

・・・今回はこのシチュエーションに程近い現実の人物について考えてみます。

続きを読む

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。